■フェアレディーZ プロフィール
日本を代表するスポーツカーがフェアレディZ。オープンボディのフェアレディの時代から数えると50年を超える歴史があり、フェアレディZになってからでも40年近い歴史を持つ。この間、日本で唯一スポーツカーを名乗るクルマとして存在した時代も長かった。一貫して追求されてきたのは"Z-ness(Zらしさ)"であり、同時にその時代を反映した"Newness"により、最新最高のパフォーマンスやデザインを採用してきた。

現行モデルでは、それ以前のモデルに比べて大幅な軽量化とショートホイールベース化を図り、さらにVQ37VHRエンジンの搭載により世界トップレベルの運動性能を得ている。ホイールベースの短縮はドライバーを中心に置いたパッケージングにつながり、きびきびしたハンドリングを実現した。同時にワイドトレッド化やタイヤの大径化によって操縦安定性を高めている。

■エクステリアデザイン
Version T/オーロラフレアブルーパール(特別塗装色)

外観デザインは「すべては走りのために」を基本に、鍛え上げられたアスリートのようなダイナミックなデザインとしている。フェアレディZに専用のボディカラーを用意するなど、こだわりのあるエクステリアとしている。

■インテリア
FAIRLADY Z nissan
左:ドライバーの走りを徹底的にサポートするコックピット/右:マニュアルモード付7速オートマチックトランスミッション

インテリアは適度にタイトな空間が安心感とともに、ドライバーにコックピットの一体感を味わわせる。さらに新素材の採用などによって、独特の質感を表現したのもポイントだ。ドライバーをしっかりサポートする素材、固さ、仕上げにこだわったニーパッドやシフト操作の妨げにならないラウンドシェイプのアームレストなど、機能にも配慮した仕様である。

   

■特徴
見る角度で、色が大きく変化する「カーマインレッド(特別塗装色)」

フェアレディZの特徴のひとつがボディカラー。カーマインレッドやプレミアムアルティメイトイエローなど、スポーツカーにふさわしい華やかなボディカラーが用意されている。特にカーマインレッドは発色の鮮やかさ、見る角度で色が大きく変化する特別な感覚、宝石を思わせるようなボディカラーだ。

フェアレディZ Version ST(6MT)/ボディカラーはプレミアムアルティメイトイエロー(特別塗装色)
内装色はパーシモンオレンジ/本革・スエード調ファブリック

インテリアも本革+スウェード調ファブリックのシートには、ブラックとグレーのほかに、パーシモンオレンジという明るいオレンジ色の内装色が用意されている。特別感のあるインテリアである。

オーディオも大きな特徴だ。BOSEのサウンドシステムに加え、Z専用にチューニングしたアクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがVQ37VHR型エンジンのサウンドをよりダイナミックに感じるように音質をコントロール。回転数に応じた力強いスポーツサウンドを実現する。またアクティブ・ノイズ・コントロールは、不快なこもり音を低減し、クリアなエンジンサウンドを聞かせる。

Related Gallery:FAIRLADY Z


フェアレディZ Version ST [7M-ATx](2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込) 5,212,080 円
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
総排気量 3696 cc
最大トルク 365(37.2)/5200(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 247(336)/7000(kW(PS)/rpm)
トランスミッション 7M-ATx
タンク容量 72 L
タイヤ・前 245/40R19 94W
タイヤ・後 275/35R19 96W
最小回転半径 5.2 m
全高 1315 mm
全長 4260 mm
全幅 1845 mm
ホイールベース 2550 mm
トレッド・前 1540 mm
トレッド・後 1565 mm
最低地上高 120 mm
車両総重量 1660 kg
車両重量 1550 kg
乗車定員 2 名
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値) 9.1 km/L

   

Autoblog 関連記事

日産自動車、「フェアレディZ」を一部改良し発売




日産自動車、「フェアレディZ」を一部改良し発売
個性豊かで魅力的な車が溢れる中、自動車免許証を取れる年齢になった頃、フェアレディZに憧れた:木下隆之