■キューブ プロフィール
日産のコンパクトカーの中でも独特の世界観を持つのがキューブ。現行モデルは3代目で、2代目モデルで採用された左右非対称のキュービックデザインを進化させて採用した。ひと目でキューブと分かるリヤビューがしっかりと継承されている。ボディの角の部分を丸めて柔らかみのあるものとし、インテリアもピースフルでぬくもりのある空間に仕上げられた。

nissan
左:ビターショコラ、ブリリアントホワイトパール 2トーン/右:スオミブルー、ブリリアントホワイトパール 2トーン

■特徴
2代目モデルに比べるとボディはやや大きくなったが、それでも全長を4m未満に抑えたコンパクトなボディが基本。同時にホイールベースを100mm延長することで室内空間の拡大を図っている。高めの全高も室内の居住性に貢献し、前席のシートはスライド量やリフト量を拡大して最適な運転姿勢をとりやすくした。コンパクトなボディはトレッドを拡大してタイヤの切れ角を大きくすることで、主要モデルで4.6mの最小回転半径を実現。こうした使い勝手の良さも見逃せない。

■走行性能
搭載エンジンは直列4気筒1.5LのHR15DE型。無段変速のエクストロニックCVTと組み合わされ、滑らかな走りを実現する。駆動方式はFFのみで4WD車は設定されていない。足回りの味付けは快適性を重視した柔らかめのものだ。

    

■インテリア
左:内装色はヴィンテージキャメル/右:ヴィンテージキャメルインテリア

キューブの特徴はインテリアにある。インパネはラウンドした曲面で全体が構成され、室内空間全体は繭をイメージした乗る人を包み込むようなデザインを採用するとともに、クッションパッドの厚みを最大で40mm増やして、座面部に「Sバネ構造」を採用したソファシートを装備する。このシートは奥行きのあるクッション性による「ソファ感」が、快適な座り心地を実現するものだ。

シートは「15X Vセレクション My cube」にカラーや素材の違いによって5種類の仕様が用意されている。カラーはブルーやキャメル、ブラウンなど、また素材はスウェード調クロスを中心に本革+新素材のカブロンや、ベロアなどがあり、自分好みの1台に仕上げることができる。

nissan
インテリアカラーが選択できるのもキューブならではのポイント。

■快適装備
後席はスライド量を延長することで、居住性と荷物の積載性を状況に合わせてフレキシブルに対応できるようにした。波紋をモチーフにしたカップホルダーなど、ファッショナブルかつ機能的な収納も備えている。

運転席から空が視界に入り込むガラスルーフに「障子」のようなシェードを組み合わせ、室内をやさしい明るさで包むなSHOJIシェードをオプション設定するのも特徴。一段と高い快適性を実現する。

限定400台のデコキューブ

今なら限定400台のデコキューブもある。ルーフやドアミラー、フューエルフィラーリッドなどにトリコロールのステッカーを配置し、もともとユニークなキューブを一段とユニークに仕上げたモデルだ。個性的で可愛らしく、ピースフルな毎日を演出してくれる。

Related Gallery:CUBE


キューブ 15X(2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込) 1,620,000 円
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
総排気量 1498 cc
最大トルク 148(15.1)/4000(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 82(111)/6000(kW(PS)/rpm)
トランスミッション エクストロニックCVT
タンク容量 45 L
タイヤ・前 175/65R15 84S
タイヤ・後 175/65R15 84S
最小回転半径 4.6 m
全高 1650 mm
全長 3890 mm
全幅 1695 mm
ホイールベース 2530 mm
トレッド・前 1480 mm
トレッド・後 1485 mm
最低地上高 160 mm
車両総重量 1475 kg
車両重量 1200 kg
乗車定員 5 名
燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値) 19.0 km/L