【特集】Autoblog編集スタッフが各自1台ずつ選んだ「2018年に乗った最も素晴らしいクルマ」【前編】
今年、最も運転が楽しめたクルマ
当然だが、Autoblogの記者や編集者は日々の生活の中でたくさんのクルマを運転する。毎週、仕事で数台のクルマに乗るし、スタッフのほとんどは限られた日数でできるだけ長くクルマを運転するために遠方に出かける。そしてもちろん、それらの中には我々編集者が気に入るクルマもあるし、そうではないクルマもある。

明るい雰囲気で始めるために、まずは試乗が終わった後に我々が離れ難いと思ったクルマについて話そう。2018年、米国版Autoblogの編集者たちが恋に落ちたクルマは何だったのか。早速ご覧いただきたい。

Acura NSX
Related Gallery:2019 Acura NSX first drive

2019年型 アキュラ「NSX
私はアキュラ NSXがリフレッシュされるまで運転したことがなく、それについて気にもしていなかった。だが、アップデート後にオフィスにやって来た1台に度肝を抜かれた。

電動モーターが発する低域トルクのおかげでパワーは即座に立ち上がり、3.5リッターV型6気筒に空気を押し込む2基のターボチャージャーのおかげでそのパワーは尽きることがないように感じられる。NSXはそのパワーを完璧に扱えるハンドリング性能も備えているので、何の問題もなく路面にしっかりと伝えることができる。このクルマは見事に時空を切り裂き、そして素晴らしく楽しめる。

ハンドリングはカミソリのように鋭い。リフレッシュされる前のNSXではステアリングについて不満の声が聞かれたが、アキュラは今回のアップデートでそれらを全て修正した。このクルマをコントロールしている自分がスーパーヒーローになったように感じられる。操作に応える性能はドライバーに自信を抱かせ、コーナーでは路面に張り付くように安定している。是非とも、このクルマをサーキットで走らせたいと思った。同時にNSXは落ち着いて運転できる快適なクルマでもある。乗り心地や身体的な快適性がほとんど犠牲にされていない。

ポルシェ「911 GT3」やフェラーリ「458イタリア」と並び、2019年型アキュラ NSXは私がこれまで運転したクルマの中でベストな1台だ。次に乗れる機会が待ち遠しい。(Autoblog Green John Beltz Snyder 編集主任)


米国版Autoblog編集者が選ぶ2018年お気に入りのクルマ
Related Gallery:

2019年型 アキュラ「NSX」
2019年型アキュラ NSXは私が乗った今年最高のクルマではない。過去最高のクルマだ。実は新しいNSXがハイブリッド・スーパーカーとして発表された時から、どれだけ純粋なドライビング・マシンになれるのかと私は疑っていたのだが、納得させられた。改良を受けたNSXを運転して充実した時間を過ごした私は、もっと多くのスーパーカーがハイブリッドになればいいのに思ったほどだ。電気モーターで瞬時に加速し、ターボラグの問題はない。今日のような"全ターボ時代"において、NSXはさらに高額なライバル車と比べても独自の長所を備えている。そして試乗した間の平均燃費は22mpg(約9.3km/L)だった。約20万ドル(約2,200万円)のスーパーカーを購入する人がどれだけ燃費を気にするかは知らないが、これがNSXのもう1つの驚異的な資質であり、私が2018年に気に入ったクルマとして選んだ理由の1つでもある。(Zac Palmer アシスタント・エディター)

Jaguar
Related Gallery:2018 Jaguar XF Sportbrake

2018年型 ジャガー「XF S スポーツブレイク」
今年も多くのホットなクルマを運転した。クレイジーなハイパワー、多彩な先進技術、息を呑むほど美しいスタイル。しかし、私はジャガー XF S スポーツブレイクを最も気に入った1台に挙げたい。その理由はシンプル。ゴージャスなジャガーのワゴンだからだ。ボンネットの下に搭載された最高出力380psのスーパーチャージドV6エンジンは4輪駆動と組み合わされており、これには納得させられた。速くて、音も良い。シャシーも優れている。プロポーションは言うことなし。私は他にもマクラーレンのようなスーパーカーやモンスター・トラック、豪華なマセラティ「レヴァンテ・トロフェオ」に乗る機会さえあった。しかし、このジャガーで春に行ったドライブが、私にとって最高だった。(Greg Migliore チーフ・エディター)


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

後編はこちら
【特集】Autoblog編集スタッフが各自1台ずつ選んだ「2018年に乗った最も素晴らしいクルマ」【後編】


【特集】Autoblog編集スタッフが各自1台ずつ選んだ「2018年に乗った最も残念なクルマ」【前編】

【特集】Autoblog編集スタッフが各自1台ずつ選んだ「2018年に乗った最も残念なクルマ」【後編】


■関連記事
【試乗記】ホンダ「NSX」2019モデル 誰もが乗れるスーパースポーツを目指して再び進化

アキュラ、米国仕様「NSX」の改良モデルをペブルビーチで発表! 鮮やかな新ボディ・カラーも追加に


【ビデオ&フォト】ジャガー、広い荷室とサンルーフを備える新型「XF スポーツブレーク」を公開!

■関連動画