This Aston Martin Vanquish Zagato Shooting Brake is a masterpiece in pink
クルマのボディ・カラーやスタイリングをカスタマイズする場合、一般的に2つの選択に絞られると言える。控え目で古典的な雰囲気にするか、あるいは奇抜なルックスで目立つクルマに仕上げるかだ。少なくとも99台限定生産のアストンマーティンヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレイク」を購入したオーナーの1人は後者であり、ボディ・カラーに鮮やかなピンクを選んだ。

これはアストンマーティン・ラゴンダ(AML)の社長兼グループCEOであるアンディ・パーマー氏がInstagramに投稿した写真で、同氏は「金曜日の日課で工場内を歩いていたら、こんなにも美しいヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレイクが出荷待ちをしていた。幸運なオーナーは注目を浴びるだろうね」とコメントしている。つまり、アフターマーケットのラッピングで色を変えたようなものではなく、アストンマーティンによる純正ペイントらしいのだ。

実際、注目を浴びることは間違いないだろう。ピンクのボディに黒いホイール、ゴールドのアクセント付きで、一段と独自性が強まっている。アストンマーティンというだけで既に人も羨む高級スポーツカーだ。さらにザガートがスタイリングを手掛けたレアな限定モデル。それだけで十分満足感に浸れる人もいれば、さらなる個性を追求したいと感じる人もいるのだ。

ヴァンキッシュ・ザガートといえば先日も、シリーズの4車種を全て購入した人物が話題になったばかり。そちらのオーナーは4台とも、ヴァンキッシュ・ザガートが「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で初公開された時にまとっていたラヴァ(溶岩)・レッドのボディ・カラーを選択していた。皆さんの好みが両者のどちらのスタイルであっても、このピンクのアストンはザガートのスタイリングがどんな色に塗っても美しいと言うことを証明している。



By TONY MARKOVICH
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ある裕福なエンスージアストが、アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズを4車種まとめて購入!

アストンマーティン、「ヴァンキッシュ・ザガート」を締め括る「シューティングブレイク」の画像を公開 

アストンマーティン、2つの希少な限定モデルを日本で公開

■関連動画