マツダ、エアロパッケージを装着した新型「マツダ3」やハードトップ付き「ロードスター」を東京オートサロンに出展
Related Gallery:2019 Mazda3 and MX-5 at Tokyo Auto Salon

11月にLAオートショーで発表された新型「マツダ3」のデザインは、スポーティさに欠けるわけではないが、マツダも含めた全員が、もっとスポーティさを高めることができるはずだと考えている。その手始めとして、マツダは来年1月に開催される東京オートサロン 2019に、エアロパッケージを装着した北米仕様のマツダ3を出展する。ブラックのフロント・リップスポイラー、ブラックのサイドスカート、そして拡張されたボディ同色のリア・スポイラーというマイルドなモディファイだが、この控えめなデザインはマツダ3の引き締まったクリーンなラインと上手く調和し、マツダ3をより低重心に、さらに毅然とした佇まいに見せている。もちろん、日本初公開となるノーマルのマツダ3も、セダン、ハッチバックともに展示される。

Mazda
東京オートサロンで注目を集めるのは、新型マツダ3だけではない。他にもマツダは、取り外し可能なカーボンファイバー製ハードトップを装着した「ロードスター」を、「ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT」として展示する。マツダは既にワンメイク・レース「グローバル MX-5 カップ」仕様車のためにハードトップを提供しているが、これは太いロールケージが装着されたレース用車に合わせてデザインされているため、少し奇妙な形状になっている。しかし、今回展示されるハードトップは、通常のソフトトップのラインに倣った美しいスタイルに仕上がっている。

どちらのクルマに装着されているパーツも、今のところ製品化されるという発表はないが、純正アクセサリーとして発売されても驚かないだろう。特にマツダ3用のエアロキットは、先代モデルによく似たパッケージが設定されていたので、市販される可能性が高いと思われる。一方、ロードスターのハードトップは熱心なファンに向けてデザインされた物と思われるが、マツダ3に比べたらこのまま製品化される可能性は低いだろう。ハードトップが欲しい顧客には、「ロードスター RF」が用意されているし、もし市販されるとしても、高価格になるカーボンファイバーではなく、より手頃な価格のグラスファイバー製となり、ボディと同じ純正色でペイントされるのではないだろうか。

なお、東京オートサロンのマツダ・ブースでは、新型マツダ3の開発スタッフやデザイナーによる限定セッション(事前抽選制)やトークショー、MX-5 Cupレーサーによるトークショーなどの開催を予定しているという。詳しくは以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。

マツダ 東京オートサロン出展情報掲載ページ
http://www2.mazda.co.jp/beadriver/event/autosalon_automesse2019/


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Mazda3 and MX-5 at Tokyo Auto Salon


■関連記事
早くも登場!! 新型マツダ3(アクセラ)のモデルカーが東京オートサロンで展示販売開始!!

【フォト&ビデオ】マツダ、新型「マツダ3」(アクセラ)を発表! ハッチバックセダンで明確に異なる個性

北米マツダ、「グローバル MX-5 カップ」仕様車のために専用ハードトップを発売

■関連動画