today
12月29日、土曜日。今年も残すところ3日です。1885年(明治18年)の今日、大阪で民営鉄道の「阪堺鉄道」が開業しました。当時は難波駅から大和川駅間の暫定開業で、のちに吾妻橋(堺)駅まで延伸開業しています。

その後の展開はやや複雑で、同社が別会社として起ち上げた、和歌山へ至る路線の南海鉄道に事業譲渡して統合。さらに関西急行鉄道と合併して近畿日本鉄道となりますが、南海電気鉄道に南海鉄道だった路線を譲渡する形で分社化。現在に至っています。

南海電気鉄道の設立は、前身の高野山電気鉄道の設立日である1992年(大正14年)3月28日。これに対して創業日は阪堺鉄道が開通した1885年12月27日となっています。

それでは、週末も過去を振り返っていきましょう。

2017年
ポルシェ、伝説的なル・マン参戦マシンのカラーリングを施した5台の「マカン」を公開
MINI、自分でデザインしたパーツを取り付けてカスタマイズできるサービスを2018年より開始
フォード、トラック運転手の居眠り運転を防止する帽子を開発

Related Gallery:Porsche Macan racing liveries

Related Gallery:Mini Yours Customised


2016年
7台のランボルギーニが「ミウラ」の由来となった闘牛牧場を訪問
スバル「WRX」が近々フェイスリフト 新プラットフォームを採用する次期型の登場は4〜5年先
イーロン・マスク氏、350kW以上で充電可能な「スーパーチャージャーV3」の導入をほのめかす

Related Gallery:Lamborghini Back to the Name


2015年
アストンマーティンは自動車界のエルメスを目指す
「スバル XV/XVハイブリッド」乗って、使って楽しいSUVとして、いよいよ完成度を高めている
テスラモーターズ、いよいよ新型「モデルX」を増産

Related Gallery:Aston Martin DBX: Monterey 2015

Related Gallery:SUBARU XV


2014年
ビッグスクーター『BMW C 600 SPORT』
デザイン一新!! 37km/L走るマツダ新型「キャロル」を1月30日から発売!!
フェラーリが、元CEOモンテゼーモロのF1グループ会長選任を妨害?

Related Gallery:BMW C 600 SPORT

Related Gallery:2015 Mazda Carol

Related Gallery:Ferrari F14 T


本日気になった見出しは、2016年の『7台のランボルギーニが「ミウラ」の由来となった闘牛牧場を訪問』でしょうか。1965年のトリノ・オートショーで、車体後方に12気筒エンジンが横向きに取り付けられたシャシーが展示されました。設計者の1人は、のちにレーシングカーの世界で成功を収めるジャンパオロ・ダラーラ。まだランボルギーニの若手技術者でした。

そのシャシーを見たカー・デザイン界の巨匠、ヌッチオ・ベルトーネはフェルッチオ・ランボルギーニの快諾を得てボディを製作することに。彼のスタジオでチーフ・デザイナーに就任したばかりのマルチェロ・ガンディーニに任せました。

そして生まれたクルマに、フェルッチオは「ミウラ」と名付けました。自身が牡牛座生まれでエンブレムに雄牛を使っていますが、この名前はスペイン最古にして最も名高いミウラ一族が経営する闘牛牧場から与えられています。ランボルギーニが闘牛にちなんだ車名なのもここから始まりした。

そして、誕生50年を記念して、この闘牛牧場へ6台を引き連れて向かったのでした。それでは、年の瀬で何かと忙しいと思いますが、お出かけの際はお気をつけて!