【ビデオ】高速道路でBMWが宙を舞い、トンネル入り口上部に激突!
先週末、スロバキアで1台のBMWが宙を舞った。もちろん、これは良い意味ではない。「X1」と思われるクルマが道路脇の傾斜路のような部分に乗り上げて文字通り宙を舞い、トンネル上部に激突した様子をハイウェイ・カメラが捉えていた。驚くのは、BMWが空中で飛んでいた時間の長さだ。これほど勢いがつくということは、ドライバーはかなりスピードを出していたに違いない。


スロバキアの警察によれば、運転していたのは44歳の男性で、骨折はしておらず、打撲程度で済んだという。映像を見る限り、大怪我を負っても決して不思議ではないほどの事故だ。打撲ですんだというのは、不幸中の幸いだろう。クルマはトンネル入り口上部に激突した後、一回転している。まるでゲームの『グランド・セフト・オート』を見ているみたいだ。警察が公開した事故後のクルマの画像を見ると、車種が判別できないほど大破している。




驚くことに警察によると、このドライバーはアルコールを摂取していなかったという。事故の原因は、ドライバーが"マイクロスリープ"に陥ったからではないかと言われている。マイクロスリープとは、数分の1秒から30秒ほどの間、突然意識が飛んでしまう現象だ。

クルマが宙を舞った際、どのくらいのスピードが出ていたのかは明らかになっていないが、少なく見積もっても60km/hから80km/hくらいは出ていただろう。


By ZAC PALMER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ラウンドアバウトに気付かず突っ込んだバンが宙を舞う!

映画『007/黄金銃を持つ男』でバレルロールを華麗に決めたAMC「ホーネット」の現車がオークションに出品!

デロリアンが空飛ぶ車 DR-7 を開発中。「道路だと?そんなものは要らんのだよ by ドク」が現実に?

■関連動画