【ビデオ】ロータスが全てのクルマ好きに贈る「メリー・ドリフトマス」!
クリスマスの過ごし方は人それぞれだろうが、クルマ好きならもちろん「ドリフトマス」で祝うに決まっている。聞いたことがないって? ロータスが公式ビデオでそのやり方を紹介しているので、是非ご覧いただきたい。

このビデオでは、イングランドのノーフォーク州ヘセルにあるロータス本社に、クリスマス・ツリーを立てて黄色い「エヴォーラ GT410スポーツ」が帰ってくるところから始まる。

本社の敷地内でケン・ブロックばりのドリフトを見せたエヴォーラは、スローゾーンで初期の「エスプリS1」とすれ違った後、黒とゴールドのF1マシン「タイプ72」が静かに眠るガレージをそーっと通り抜け、テスト用エリアをドリフトしながら通って駐車場へ。そこには「エキシージ」の特別仕様など3台が駐まっている。エヴォーラはベルの代わりにタイヤを鳴らしてその周りを旋回。最後は、ミニカーのオーナメントをたくさん付けたクリスマスツリーが立つ本社ビルの前でフィニッシュした。

ひねくれ者のグリンチたちから『ジムカーナ』のパクリじゃないかという声が上がるかもしれない。しかし、我々はこれほど甘美なサウンド・トラックが聞けるビデオを鼻であしらうことはできない。皆さん、メリー・ドリフトマス!

「ロータスではクリスマスの飾り付けをガレージにあるクルマと合わせています」



By TONY MARKOVICH
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lotus Evora Sport 410


■関連記事
【試乗記】ロータスの新型「エヴォーラ スポーツ 410」は、単に10馬力アップしただけではなかった!

【短評】ロータスの最新作「エキシージ スポーツ 410」に英国で試乗! 「キャラクターは変わったがコアは変わらない」

ロータスのゲールズCEO、160km/h超で幹線道路を走行中にスピード違反で捕まる 「職務としてのテスト・ドライブ」と弁明