ポルシェ「911ターボ」の580馬力エンジンを搭載したフォルクスワーゲン「T5 トランスポルター」が販売中!
Related Gallery:Porsche 911 Turbo-powered Volkswagen T5 Transporter van

ポルシェ「911 ターボ」を購入する一歩手前で、乗員6人とその荷物をいっぺんに運べるクルマが必要なことに気付いて結局あきらめたという経験はないだろうか? ない? まあ、そんな人はほとんどいないだろうが、だからといってフォルクスワーゲン「T5 トランスポーター マルチバン」に911 ターボのエンジンを移植しようと考える人はさらに少ないはずだ。大丈夫、あなたの読み間違いではない。上の画像にある大きな黒いバンは、史上最も驚くべき"スリーパー"(いわゆる"羊の皮を被った狼")の1台で、ドイツの『Classic Driver』というショップが実際に販売している

黒いワイドなホイールと扁平タイヤ、そして車高が低いことを除けば、一見なんの変哲もないバンである。ブラウンとアイボリーのレザーを使ったインテリアは高級グレードのように見える。しかし、フロントのスポーツ・シートとステアリング・ホイールに目をやったとき、それがホルシェ 911のものであることに気付くだろう。ダッシュボードには911の5連メーターが純正のクラスター・フード内に巧みに収められており、その右下には6速マニュアルのシフトレバーが備わっている。左側に差し込むイグニションキー(ご存じポルシェの流儀)にも注目してほしい。

Porsche 911 Turbo-powered VW T5 Transporter

そして最も素晴らしい部分はリアに隠されている。ハッチを上げて荷室フロアを開けると、997型911 ターボの3.6リッター水平対向6気筒エンジンが搭載されているのだ。これを販売しているショップによれば、このエンジンは「911 GT2」用のターボチャージャーとコントロール・ユニットでアップグレードされており、最高出力580psを発生、最高速度は285㎞/hに達するという。

その強大なパワーは当然ながら後輪に送られる。リア・アクスルもポルシェから流用し、DREXLER製のリミテッド・スリップ・ディファレンシャルや車高調整式スポーツ・サスペンションを装備するなど、駆動系や足回りも強化されている。19インチ・ホイールに装着されたタイヤは前245/40R19、後285/40R19。フロントに6ピストン、リアに4ピストンのブレンボ製ブレーキも装備されている。

Porsche 911 Turbo-powered VW T5 Transporter

もちろん、バンとしての機能性は完全に保たれており、快適性も一切犠牲にしていない。車内には3ゾーンのオート・エアコン、ヒーター内蔵電動調整式シート、クルーズ・コントロール、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応したヘッド・ユニット、ケンウッド製ナビゲーションなどを備え、後部座席用のエンターテインメント・スクリーンではDVDやTVも観られる。2列目シートは後ろ向きに回転可能で、折りたたみ式テーブルも用意されている。

このショップが提示している価格は、13万9,800ユーロ(1,780万円)。ドイツでは新車の911ターボには届かないものの「911 GTS」が買える金額だ。もし米国に輸入しても公道走行の認可を取得することはできないが、きっとこれを見て刺激を受けたどこかのクレイジーなアメリカ人が、クライスラーのミニバン「パシフィカ」にダッジの「ヘルキャット」エンジンを搭載しようとするのも時間の問題だと思われる。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Porsche 911 Turbo-powered Volkswagen T5 Transporter van


■関連記事
ポルシェのターボ・エンジンを搭載したクラシックなワーゲンバス!

フォルクスワーゲン、第6世代の新型「トランスポルター」を発表!

【試乗記】「公道用としては世界最高のクルマ」 2014年型ポルシェ「911 ターボS」

■関連動画