新型BMW「Z4」米国仕様の販売価格がリーク! 兄弟車トヨタ「スープラ」はどうなる!?
Related Gallery:2020 BMW Z4: First Drive

新型BMW「Z4」のまだ公式に発表されていない仕様や価格について書かれた米国のディーラー向け書類が、トヨタ「スープラ」のファン・フォーラム『SupraMKV』でリークされた。2020年モデルとして発売されるBMW Z4のトップ・グレード「Z4 M40i」の米国における販売価格は6万4,695ドル(約735万円)、輸送費込みで6万5,690ドル(約746万円)からとなるようだ。ポルシェ「ボクスター」の価格が6万50ドル(約682万円)から、「ボクスター S」は7万2,450ドル(約823万円)からなので、Z4ポルシェの販売テリトリーにしっかりと踏み込むことになる。しかし、Z4 M40iはポルシェのミドシップ車のどちらよりもシリンダー数が2気筒多くパワーでも勝っている。

Z4 M40iの米国仕様は、3.0リッター直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、最高出力382hp(387ps)を発生。件の書類によると、18インチ「Vスポーク・オービット・グレイ」ホイール、LEDヘッドライト、ブラックのソフトトップ、サテン・アルミニウムのエクステリア・トリムなどが標準装備となるようだ。ちなみに同車の欧州仕様はスペックがやや異なり、最高出力340psに抑えられる。

Z4の価格がこれほど高くなってもそれほど驚くことではない。BMWには既にこの価格帯のパフォーマンスカーが存在する。「M3」は6万7,495ドル(約767万円)から、「M4」は7万145ドル(約797万円)からだ。これら2台と異なり、Z4 M40iは確かに真性の「M」モデルではない。だが、現在のBMWディーラーで実車を見比べたら、どれを選ぶか決めることは簡単ではないだろう。さらに決断を難しくさせているのが「M2 コンペティション」の存在だ。5万9,895ドル(約680万円)という価格は、掘り出し物のように思えてくる。

最大の謎は、今回判明したZ4の価格から、そのトヨタ・バージョンとも言える待望の新型スープラに関してどのような意味が読み解けるかということだ。ご存じのように、BMWの「G29」型Z4とトヨタの「A90」型スープラはプラットフォームを共有する共同開発車だ。高級ブランドのレクサスではなくトヨタ・ブランドから発売されることを考えれば、BMWより大幅に価格が抑えられると思われるが、どの程度に落ち着くのかを現時点で推測することは難しい。我々は新型スープラの価格は4万ドル台が妥当だと考えていたが、それではZ4とずいぶん開きがあることになる。また、BMWが取り揃えているレザー・インテリアやドライビング・アシスト、メタリック・ペイントなどのオプションを考えれば、多くのZ4が7万ドルを超えるであろうことは想像に難くない。

Z4 M40iの標準価格が判明した今、他のグレードやパッケージ・オプションの価格が意外すぎるということはあるまい。BMW Z4は2019年春に発売予定。そして2019年1月には北米国際オートショーで待望のトヨタ スープラが正式発表される。我々は遂に市販車としてこれら2台を比較できるのだ。


By ZAC PALMER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2020 BMW Z4: First Drive


■関連記事
BMW、新型「Z4」標準モデルの画像とスペックを公開!

トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、両開発チームの協力関係は2014年から途切れていたことが明らかに!

カモフラージュなし! 新型トヨタ「スープラ」市販モデルを撮影した写真が流出

■関連動画