gran tourismo
プレイステーション 4用ドライビングシミュレーター「グランツーリスモSPORT」が、2018年12月のアップデート(1.31)の配信を開始しました。追加車種にはフェラーリ F50や、テスラ Model Sから、1973年式ダットサン 240Zをベースとしたグレッディ フグ Z、ポンティアック ファイヤーバード Trans Am '78などが含まれます。また、首都高エクスプレスウェイ南ルートが追加コースとして加わりました。


追加車種は「ヨーロピアンスーパーカー」、「モダン・ハイスピードサルーン」、「オールド・アメリカンマッスル」をテーマとする7台。
・フェラーリF50 '95
・BMW M3 Coupé '07
・テスラモーターズ モデルS Signature Performance '12
・シボレー コルベットSting Ray Sport Coupe (C2) '63
・ポンティアック ファイヤーバードTrans Am '78
・グレッディ フグZ
・マクラーレン P1 GTR '16

このうち特筆すべきはやはりグレッディ フグZ。見てのとおりダットサン240Zをベースとするカスタムカーで、オリジナルは映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ハン役のサン・カン氏が所有するマシン。2016年のSEMAショーに展示され、第13回GRAN TURISMO AWARDS SEMA (GTアワード)を受賞しています。

新規追加されたコースも首都高をモチーフとした「東京エクスプレスウェイ・南ルート」x2レイアウトであることから、今回のアップデートはワイスピファンにはたまらないものになっていると言えそうです。

Related Gallery:Gran Turismo SPORT 2018-Dec Update


ドライビングを楽しむ、という観点では「GTリーグ」のイベント「Nissan GT-Rカップ」、「リアルサーキット・ツアーズ」、「メルセデスAMGグランプリ」「Gr.3耐久シリーズ」に追加ラウンドが登場しています。
gran turismo sport
ほか、走行中にワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4 とステアリングコントローラーを自動的切り替えられるようになったのも、ドライバーによっては重要な新機能になるかもしれません。走行中どちらかのコントローラーでアクセルもしくはブレーキ操作をすれば、その操作をした側のコントローラーが有効になり、もう一方が無効化されます。

発売から1年余りが経過したグランツーリスモSPORTですが、まだまだわれわれを楽しませてくれそうです。

gran turismo sport

gran turismo