Daihatsu
ダイハツは、既に販売された車両を対象に、ペダルを踏み間違えた際などに起きる急な発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」を12月5日(水)から全国一斉に発売すると発表しました。

この装置はペダルの踏み間違い事故による衝突被害を軽減することを目的に開発されたもので、現在乗っているクルマに、後付けでソナーセンサーやコントローラー、インジケーター等を装着することで、誤操作による重大事故の減少を目指します。

Daihatsu
ダイハツは2012年に軽自動車で初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入以降、順次機能の強化や搭載車種の拡大を図り、現在は第3世代となる「スマートアシストⅢ」を、「コペン」を除く全ての軽自動車、小型車に搭載。衝突回避支援ブレーキ機能や前後方誤発進抑制制御機能を備えるスマートアシストの累計販売台数は200万台を超えていますが、その一方で現在も路上を走っているダイハツ車の約8割はスマートアシスト非搭載車であるといいます。ダイハツでは「購入後のお客様も含めより多くの方々に、安全・安心に外出することで元気な生活を送っていただきたい、交通事故による死傷者を一人でも少なくしたい」との思いからこの装置の開発に至ったそうです。

この安全装置は、車両前後に取り付けたソナーセンサーが、前後方3m以内にある障害物を検知し、運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込むと、システムがペダル踏み間違いと判断。コントローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制し、室内に取り付けたインジケーターとブザー音で運転者に警告を与え、急発進による事故の防止・被害軽減を図ります。さらに、ソナーセンサーで前後方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備えるため、ペダル踏み間違えだけでなく、駐車時の安全・安心も高まります。

Daihatsu
ダイハツでは、まずは12月5日より、累計販売台数の多い2007年12月に発売された2代目「タント」(画像)のCVT車(前輪駆動車および4輪駆動車)に対応した装置を発売し、その後も順次対応車種を拡大するとしています。後付け安全装置「つくつく防止」のメーカー希望小売価格は3万4,560円。標準取り付け費込みで5万9,508円となります(いずれも消費税込み)。

10年前のクルマにも後付けすることで、ドライバーだけでなく周囲の安全性・安心感が高まるこのような取り組みは、消費者として大いに歓迎・評価したいものです(ネーミングのセンスについてはともかく)。とはいえ、10年落ちの軽自動車に乗り続けている人々にとって、約6万円という費用が決して軽くない負担であることも事実でしょう。こういう物にこそ、減税・補助金などの措置があれば、行政に対する我々の評価も高まるのですが。


■関連リンク
ダイハツ 公式サイト
https://www.daihatsu.co.jp/