herbie
11月30日、金曜日。明日からもう師走です。1年があっという間に感じますね。

2008年の今日、開業から長きに渡って愛されてきた初代新幹線0系電車が、定期運用終了となりました。営業路線を最後に走行したのは12月14日のさよなら運転になります。

新幹線は1964年開業のため、実に44年も運用されてきたわけですが、初代新幹線がつい10年前まで走っていたんだと驚かれるかもしれません。実は最後まで走っていたのは、新大阪駅と博多駅間の山陽新幹線。東京駅と新大阪駅間の東海道新幹線は、1999年9月18日に定期運行が終了しているので、山陽方面へ行かないと出会えなかったわけです。しかも「こだま」として運行され、本数も限られていたためかなりレアな存在でした。

現在リニア中央新幹線の工事が進められ、2027年には品川と名古屋間が運用される予定ですが、そのころ新幹線はどんな姿になっているのでしょうか。

それでは、今日も過去を振り返っていきましょう。

2017年
100年前に造られた三菱初の自動車をプラグイン・ハイブリッドでリメイク
インフィニティ、世界初の量産型可変圧縮比エンジンを搭載した新型「QX50」を発表
Ringbrothersによって美しくレストモッドされた1969年型ダッジ「チャージャー」

Related Gallery:2019 Infiniti QX50: LA 2017

Related Gallery:RingBrothers 1969 Dodge Charger Defector: SEMA 2017


2016年
メルセデス・ベンツ、荷室の設計には日本の文化を見習った、 新型Eクラス ステーションワゴンを発表
ポルシェ、初の電気自動車「ミッションE」の年間目標販売台数を2万台に設定
英国人ドラッグレーサー、ガソリンでタイヤに火をつけたバーンアウト映像で「GoPro Award」を受賞

Related Gallery:E-Class Stationwagon

Related Gallery:Porsche Mission E Concept: Frankfurt 2015


2015年
映画『ラブ・バッグ』シリーズで実際に使用されたフォルクスワーゲン「ビートル」が、高額で落札
アウディ、米国で販売された3.0リッターV6ディーゼル・エンジンの不備を認め、ソフトウェアを改修すると発表
アルピナから、600hpを誇る新型「B5 ビターボ」が登場

Related Gallery:1953 Volkswagen Beetle - Herbie

Related Gallery:2016 BMW Alpina B5 Biturbo


2014年
ジープ「チェロキー」でドリフトすると、やっぱりこうなる
GM車の欠陥により、事故で過失致死罪に問われていた女性が無罪放免に

Related Gallery:2014 Jeep Cherokee New York 2013

Related Gallery:2007-2009 GM Fuel Pump Recall Vehicles Photos


本日気になった見出しは、2015年の『映画『ラブ・バッグ』シリーズで実際に使用されたフォルクスワーゲン「ビートル」が、高額で落札』でしょうか。知らない人が見たら、単なる1963年製のフォルクスワーゲン「ビートル」と思うかもしれませんが、このクルマはディズニー映画『ラブ・バッグ』シリーズ3部作で使われた本物の「ハービー」なのです。

『ラブ・バッグ』は、落ち目のレーサー・ジムが人間の感情をもったようなビートルに出会い「ハービー」と名付け、ハービーと出場したレースは次々と勝利。しかしライバルからの妨害により、ハービーがボロボロになってしまうものの、ジムとゴールを目指していくというコメディー映画です。この映画を観た人なら誰もがハービーに魅了されることでしょう。そんなクルマだからこそ、8万6,250ドル(当時のレートで約1,060万円)という高額で落札されました。

ちなみにこのクルマ、後部座席から運転できる仕組みを備えています。運転席に人がいなくてもクルマが動くことで、自分の意志で動いているように見せていたわけです。ハービーのことが気になりだしたら、ぜひ作品をご覧ください。

それでは、週末に向けもうひと頑張りしましょう。