【フォト&ビデオ】マツダ、新型「マツダ3」(アクセラ)を発表! ハッチバックセダンで明確に異なる個性
マツダから、日本では「アクセラ」という名前で販売されている「マツダ3」の4代目モデルが遂に発表された。マツダの新世代商品第一弾となる新型マツダ3は、誰もが憧れを抱く「普遍的な欲望を喚起する対象」をテーマに開発され、人間中心の設計思想を、デザイン、ドライビング・パフォーマンス、NVH(騒音・振動)、環境性能、質感などあらゆるエリアにおいて劇的に向上させたという。

Related Gallery:Mazda Mazda3

まずは写真をご覧になっていただきたい。同時発表されたハッチバックとセダンは、同じ"マツダ3"という名前を持ち、いくつか共有するパーツが見られるものの、ハッチバックとノッチバックの違いに留まらない。全体のプロポーションはもちろん、後部座席用ドアやフロント・フェイシアまで異なるデザインに仕立てられている。

Mazda3
これについて、新型マツダ3には2つの個性が広範囲に現れているとマツダは説明する。1つは自分自身の信念に従い、従来の分別に縛られない「自由な精神」。これはハッチバックに表現されている。無用なキャラクターラインを一切なくし、美しく光沢のあるボディ・パネルの曲面だけに頼るその姿は、移りゆく季節や時間によって変化する表情を見せるという。ルーフ後方からブラックでコントラストを効かせた大型スポイラーにかけて、中央を一段下げた"ダブルバブル"的デザインとなっている。

Mazda3
もう1つは尊厳と強い個人主義を併せ持つ紳士淑女のように、格式や伝統を重んじながら、一目見るだけで息を呑むような独特の美しさを隠し持つ。セダンの方はそんな「流麗かつ優美」な性格が強調されているという。このクラスで最もゴージャスなセダンを作り上げるという野心のもと、従来のCセグメント車という限界や制限、束縛から離れ、全長を伸ばし、技術的な問題を克服して低いボンネットとトランクを実現した。

シンプルなシングル・モーションという点では両車とも共通するが、ハッチバックはソリッドな塊感を作り出し、よりパワフルに、エモーショナルに、さらにマツダは"seductive"、つまり(性的な)魅力という言葉を用いてそれを表現している。金属的な質感とプラスティックのような滑らかさや光沢を併せ持つボディ・カラー「ポリメタル・グレイ」はハッチバック専用に開発された新色だ。一方のセダンは、伝統的な3ボックスのスタイルを踏襲しながら、それらの要素を昇華し、よりエレガントな新しいレベルの美しさを構築することを目指したという。サイド・ウィンドウに付くクロームのトリムが、ハッチバックは下、セダンでは上と異なる点も興味深い。必要最小限に留めたシンプルでクリーンなライト類も、新世代「魂動」デザインの重要な要素だ。

Mazda3
ハッチバックは全長4,459mm x 全幅1,797mm x 全高1,440mmと、先代と比べると全長が1cm以上切り詰められ、全高は3cmも低い(現行日本仕様との比較)。全幅は僅か2mmの拡大に留まった。一方、セダンは4,662mm x 1,797mm x 1,445mmで、先代より8cm以上も長くなっている。ホイールベースは先代から25mm伸びて両車とも2,725mmになった。

Mazda3
自動車の運転には常に周囲に注意を払い、瞬時の判断と適切な操作が求められるが、マツダはそれを誰もがストレスなく自然に、まるで人間が歩いたり走ったりするときと同じように行えることを目指し、「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ」と呼ばれる新しい車両構造を開発した。これはマツダによれば「骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できるシート、多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達するボディ、各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロールするシャシー、エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込んだNVH性能など、各機能を改めて見つめ直し、クルマとして全体最適の視点で」取り組んだとのこと。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアはブッシュの内部構造に球状を採用した新開発のトーションビームとなった。この足回りに組み合わされるタイヤは、205/60R16または215/45R18と発表されている。

Mazda3
新型マツダ3に用意されるエンジンは、1.5リッター、2.0リッター、2.5リッターという3種類のガソリン「SKYACTIV-G」と、1.8リッターのディーゼル「SKYACTIV-D」。そしてガソリンとディーゼルの良い点を融合したと言われる「HCCI」(予混合圧縮着火)を採用した「SKYACTIV-X」。この新世代ガソリン・エンジンには小型のモーターを組み込んだマイルド・ハイブリッドシステムが組み合わされる。トランスミッションは6速マニュアルまたは6速オートマチックから選択可能だ。ドライバーのステアリング操作に合わせてエンジンのトルクに加えブレーキも制御する新世代の車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス」も採用。これと協調する4輪駆動システム「 i-Activ AWD」搭載車も設定される。

Mazda3
インテリアもエクステリア同様、"less is more"という新型マツダ3の進化した魂動デザイン・テーマが反映されており、空調の吹き出し口や操作パネルはダッシュボードと一体化され、それがそのままドア・トリムまでつながる。シフト・パネルには「2レイヤー・モールディング」と呼ばれる新技術を採用。レーザーで削り込んだブラックのパネルにクリアのパネルを重ねることで光沢のあるブラックと奥行きを実現した。

水平基調で左右対称なコクピットは、ドライバーとクルマのつながりをさらに強化し、全ての操作系がドライバー中心にデザインされている。もちろん、これは見た目だけでなく、ステアリングやシートの調整機構も同様。フロント・シートにはクッションの角度調整まで標準で備わる。シフトレバー(オートマチックもマニュアルも)はステアリングからより楽に手が移動できるように、先代より高く、前方に配置された。センターコンソールの8.8インチ・ディスプレイを操作するコマンダー・コントロールやカップホルダーの位置も見直されている。

Mazda3
ファブリックには"Greige"と呼ばれる新色を採用。グレーとベージュの中間色によって活気と温かみを表現したという。バーガンディはハッチバック専用のインテリア・カラーとして設定され、これは深みのある鮮やかな赤系のレザーが、エクステリア・デザインのエモーションを強調すると同時に、大人びたテイストを感じさせる。

車内の静粛性については、騒音の大きさ、ピッチやトーンの変化、方向という3つの要素から見直し、ボディとカーペットという2つの壁で騒音を遮断する二重構造や、吸音機能を持つヘッドライナーとフロアマットなどの採用で対処した。

安全機能「I-ACTIVSENSE」にはカメラと赤外線LEDによってドライバーの状態を監視する「ドライバー・モニタリング・システム」を新たに追加。ドライバーが眠気に襲われているとシステムが判断したら、警告音や自動ブレーキを作動させて注意を促す。車両前方の横方向に組み込まれたレーダーで前方左右の死角から迫る他車を検知する「フロント・クロス・トラフィック・アラート」も採用された。また、マツダ車初のニー・エアバッグを標準装備するなど、受動安全性も高まっている。

新型マツダ3は11月30日よりLAオートショーの会場で一般公開され、2019年初頭にまずは北米で発売になる予定だ。我々は4代目"アクセラ"の発表を楽しみに待つことにしよう(日本仕様もマツダ3という名前で統一されるという噂もあるが...)。





Related Gallery:Mazda Mazda3