tuktuk
11月29日、木曜日。本日は「いい肉の日」です。「いい(11)にく(29)」という語呂合わせから、宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協会」が宮崎牛の味と品質の良さをアピールするために制定したものです。

毎月「29日」は「肉の日」と称し、焼肉店や精肉店などではキャンペーンを展開しているところもあります。そんな語呂合わせのなかで、肉業界としてはいちばん一番おいしいであろう「いい肉の日」を押さえていたのが、宮崎牛関連とは知りませんでした。

とはいえ、そんなことは関係なく、牛角やサブウェイ、ステーキのどん、安楽亭、バーガーキングなどなど、さまざまな焼肉店やハンバーガー店などで、お得なキャンペーンを行なっています。当日だけのものから2、3日続くものもあるので、各店舗の情報をチェックしてから食べに行きましょう。

それでは、今日も振り返っていきます。

2017年
・最初のプロトタイプとして製作された1966年型「シェルビー GT350」がオークションに出品
ベントレー、約4億円の「グランド コンバーチブル」を2019年に19台限定で販売
・日産、R32型「スカイラインGT-R」の部品を再生産・再供給する「NISMOヘリテージ」活動を開始

Related Gallery:1966 Shelby GT350 Ford Mustang prototype

Related Gallery:Bentley Grand Convertible: LA 2014

Related Gallery:Nissan Nismo Heritage program


2016年
1950年代から現代まで、F1のステアリングが遂げた劇的な進化が分かる映像
・マセラティから「アルフィエーリ」の電気自動車バージョンが2020年に登場
・ジャガー・ランドローバーCEO、2020年までにラインナップの半分をハイブリッドまたは電気自動車にすると発言

Related Gallery:Maserati Alfieri Concept at 2014 LA Auto Show


2015年
・スターリング・モスが駆ったジャガー「Cタイプ」、モナコでオークションに登場 予想落札価格は9億2千万円以上
・世界初、自動運転バスがスイスの街で公共交通機関として運用開始に
ハーレーダビッドソン、戦闘艦「USSミルウォーキー」の就役を記念するカスタム・バイクを製作

Related Gallery:Harley-Davidson Softail Slim S


2014年
100馬力エンジンを搭載し、火炎放射器まで装備する、世界最強の3輪タクシー
あまりの人気に第2弾、小型電動カートでケン・ブロックのパロディ
"クリーミィな複合パワートレイン" ポルシェ「カイエンS E-ハイブリッド」

Related Gallery:HONDA CBR600RR

Related Gallery:2015 Porsche Cayenne S E-Hybrid Quick Spin Photos


本日気になった見出しは、『100馬力エンジンを搭載し、火炎放射器まで装備する、世界最強の3輪タクシー』でしょうか。アジアの街でよく見かける「トゥクトゥク」と呼ばれる3輪タクシー。これを改造して世界最強のトゥクトゥクを作り上げたのが自作スクーターマニアで有名なコリン・ファーズ氏です。

一般的なトゥクトゥクは、車両重量300kg程度で、最高出力9~10hp程度の150ccエンジンを搭載しています。そんな車体にホンダ「CBR600」の600ccエンジンを搭載し、最高出力は100hp。ドリフトやウィリー、バーンアウトも自由自在な3輪車に仕上げてます。

実は、PS4用のゲーム『ファークライ4』の発表を記念して、ゲーム中に登場するトゥクトゥクを製作したもので、機関銃や自動小銃なども装備(もちろんモデルガン)。車体後部には火炎放射器まで備え付けられています。なかなかコミカルな映像が残っているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今日は焼肉屋でも行っていい肉でも食べましょう。