シボレー・パフォーマンス、オフロード・レースで使用された「コロラド ZR2」のパーツを一般に販売
Related Gallery:Chevrolet Colorado ZR2 Chevy Performance parts

シボレー「コロラド ZR2」の優れた性能はよく知られており多くのファンに愛されているが、シボレー・パフォーマンスはそれをさらに進化させた。このピックアップ・トラックのオーナーは、オフロード・レース「ベスト・イン・ザ・デザート(Best in the Desert)」シリーズで使用されたパーツを、自分の愛車に装備することができるようになった。これらのパーツは全て、シボレー・パフォーマンスとホール・レーシング(Hall Racing)がこのレースに参戦したZR2に装備していたもので、同車はバハ1000の試走車としても使われた。

全部で15のコンポーネントが発売され、その中には性能をアップしたマルチマチック製DSSVショックアブソーバーも含まれている。このダンパーが最も高価なパーツで、4個1組が7,336ドル(約83万円)もするが、その価格に見合った性能を得ることができる。サスペンション・トラベルはフロントが15%、リアが10%向上し、ロッドの直径はフロント18mm、リア16mmと、さらに強い側面荷重にも対応できる。スプールバルブもチューニングが施されている。ショックの本体にはネジ溝が設けられ、車高調整が可能だ。

このダンパーを装着するには、さらに500ドル(約5万6,400円)を支払って広角度アッパー・コントロール・アーム・ボールジョイント・システムを取り付ける必要がある。これにより、フロント・サスペンションのストローク幅が増加し、横方向のアーティキュレーション(接地性能)が最大18%向上するという。シボレーはこのダンパーの性能を最大に発揮させるために、他にも数種のコンポーネントを同時に取り付けることを推奨している。その1つがボールスプライン・ハーフシャフトで、高速コーナリング中のフィードバックを低減し、接地性を高める。価格は3,840ドル(約43万3,000円)となっている。前後のジャウンス(圧縮)ショック・システムも推奨されているアドオンだ。これは窒素を封入したセカンダリー・バンプショックが追加され、運動制御が高められる。価格はフロント用が1,231ドル(約13万9,000円)、リア用が1,543ドル(約17万4,000円)だ。

この他にも優れたオプションが多数用意されている。ロングトラベル・リーフスプリング・システムは、ロングトラベル・リア・ショックと組み合わせることにより、サスペンションのトラベル量が11インチ(約28cm)増大する。価格は3,312ドル(約37万4,000円)。クロスカー・ビーム・システムは車体フレームを横方向に跨ぐように取り付けられ、車体構造を補強して剛性を高める。シボレー・パフォーマンスでは1.5インチ(約3.8cm)車高を上げてフェンダー・クリアランスを広げるリフト・キットも用意しており、これを使えば装着できるオフロード・タイヤの選択肢が広がる。

他に小さくても効果のある様々なパーツがシボレー・パフォーマンスのウェブサイトには揃っている。これらのパーツは自分が必要な物だけを装備してもいいし、あるいは全てまとめて購入することも可能だ(もちろん価格は高くなるが)。全てを取り付けたら自分でもバハを走りたくなるかもしれないが、それにはしかるべき安全装備も必要になる。ZR2が十分にタフなクルマであることは以前からよく分かっていたものの、今回発売されたパーツを取り付けることで本物のバハ・ランナーになるのだ。これまで以上に熱心なファンから愛されることは間違いないだろう。


By ZAC PALMER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Chevrolet Colorado ZR2 Chevy Performance parts


■関連記事
シボレー、オフロード仕様ピックアップ・トラック「コロラド ZR2」の市販モデルを公開

シボレー、「コロラド ZR2」の特別仕様パッケージ「ミッドナイト/ダスク・エディション」を発表!

【ビデオ】シボレー「コロラド ZR2」、オフロード走行中にサイドカーテン・エアバッグが突然展開! 複数のオーナーが動画を公開

■関連動画