デザイン、安全性がバージョンUP!! 唯一の国産ディーゼルミニバンの三菱「デリカD:5」がモデルチェンジ!!
Related Gallery:2019 MMC Delica D:5

三菱自動車は、2018年11月21日より、2018年度内に発売を計画しているオールラウンドミニバン「デリカD:5」のビッグマイナーチェンジモデルの予約注文を受付開始した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用し、最新の三菱車と同様の特徴的なエクステリアに仕上げられている。

MMC
また、より都会的で高級感のあるデザインを求めるユーザーに向けて、モダンなデザインの「アーバンギア」(画像)も新たに登場した。

アーバンギア専用デザインのソリッドでシンプルなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現しているのが特徴的だ。

MMC
リヤコンビネーションランプは、リヤゲートガーニッシュと連続性を持たせ、ワイド感や安定感を表現。また、テールランプを最外側まで光らせることで、デリカD:5らしい特徴的なデザインが、リファインされている。

なお、アーバンギア(画像)では、マフラーの切り欠きを廃したリヤバンパーと、洗練されたイメージのリヤゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなスタイリングに仕上げられている。

MMC
今回のマイナーチェンジ登場するモデルは、すべてクリーンディーゼルの4WDモデルのみに絞られている。これは、現行モデルの販売の大半がクリーンディーゼルの4WDモデルであったという背景があるとのこと。

現在国産ミニバン(1BOX除く)で唯一、ランニングコストが安い軽油が使え、多人数乗車時でも太いトルクでの登坂力などが期待できるクリーンディーゼルを搭載しているモデルという存在意義は非常に大きいということだろう。

搭載される2.2Lクリーンディーゼルエンジンには、排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを三菱として初採用。専用の吸入口にAdBlue(高品位尿素水)を投入することにより、NOx(窒素酸化物)を安定して浄化するように進化している。

走行性能に関しては、現行車に対し、最大トルクを5%アップさせ、ワイドかつクロスレシオ化した8速スポーツモードATと組み合わせることで、燃費と動力性能を向上。低速からトルクフルな走りを実現しているとのことだ。

あわせて、電動パワーステアリングを採用し、低速時の操舵力を軽減、また取り回し性も向上している。なお、デュアルピニオンタイプを採用することで、より初期操舵からのしっかり感を確保すると共に、モーターによる違和感を少なくし、より自然な操舵フィーリングに改善されているとのことだ。

また、三菱お得意の電子制御4WDでは、新たにヨーレイトフィードバック制御を追加することで、車両の旋回運動を的確に判断し、ドライバーのハンドル操作に忠実な車両挙動を実現するように改良されている。

MMC
インストルメントパネルは、従来のRVのタフなイメージのものから、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さをコンセプトに刷新された。

最新の三菱車のインストルメントパネルに採用されている、水平基調の「Horizontal Axis(ホリゾンタルアクシス)」というコンセプトに基づき、走行時に車体姿勢が掴みやすく、ワイド感に寄与するインストルメントパネルに仕上げられている。

また、ステッチを施したソフトパッドや削り出しの金属が持つ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、見て触って感じるしっかり感と上質さを各所に盛り込み質感をアップしている他、生命力あふれる力強いサバ杢(原木が二又に分かれるサバ部分)柄の立体木目を採用し、上級ミニバンらしさが演出されている。

加えて、大画面の「DELICA D:5オリジナル10.1型ナビゲーション」を新たにディーラーオプションで設定。大画面ディスプレイをナビ、オーディオ、ツール、アプリの4つのエリアに分割し表示、更に各エリア画面のレイアウトを自由に切り替えることができ、シーンに合わせて自由に操作することが可能となった。

MMC
乗車人数やシートアレンジは、現行モデルと同様だ。

シート生地は、動きのある幾何学柄で力強さと躍動感を表現し、凹凸のあるラミ付エンボスが施され、丈夫で上質な仕立がなされている。また、メーカーオプションの本革シートは、ダイヤキルティングを大胆に施し、力強さとオーセンティックな高級感を演出した仕立てとなっている。

なお、フロントウィンドシールドに遮音ガラスを採用し、フロアカーペットに遮音材を追加するなど、防音性能を強化し、これまでよりも車内の静粛性が向上されている。さらに、ディーラーオプションのフロアマットにも、吸音機能を追加することで、更に静粛性を高め、クリーンディーゼルの音への対策も抜かりない。

MMC
今回のマイナーチェンジの目玉は、デザインだけではなく、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上させている点だ。

新採用された予防安全技術「e-Assist」は以下の通り。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避する機能。

車線逸脱警報[LDW]
車線を外れそうになると警報で注意を促す機能。

レーダークルーズコントロールシステム[ACC]
認識した先行車の加速・減速・停止に自動追従し、設定した車間距離を保ち、任意に設定した速度を上限に追従。停止した際は、一定時間停止状態を保持し、全車速域追従する機能。

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]
高速道路など多車線道路走行時に後側方を並走する車両や隣接車線後方から接近してくる車両を検知する機能。

後退時車両検知警報システム[RCTA]
駐車場から後退して出庫する際、後側方から接近してくる車両や自車後方を横切る車両を検知し、いずれもドアミラーインジケーターと警告音で注意を促す機能(一部グレードはメーカーオプション)。

オートマチックハイビーム[AHB]
対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高める機能。

ロングセラーのモデルなだけに、一世代前の安全装備しかない点がデリカD:5のウイークポイントであったので、これらの装備が採用されたことで、安心して選ぶことができそうだ。
MMC
デリカシリーズの5代目となるデリカD:5は、2007年に発売を開始し、ビックマイナーチェンジして発売となる2019年には、発売後12年が経過するため、本来フルモデルチェンジが行われてもおかしくないタイミングではある。

ただ、三菱としては、現行モデルの人気も根強く、経営資源の面も含めてビッグマイナーチェンジがベストとの判断となったようだ。ユーザー側としては、モデルチェンジの方法がどのようなものであっても、ユーザーにとって魅力のあるクルマになれば良いのだから、やみくもに新規に投資してコストを上げるより、今回のように生かせるユニットは生かして、見劣りする部分だけ改良していく手法は正解かもしれない。なお、予定車両価格は、約385~425万円となっている。

現行モデルは、ガソリン2WDモデルで約240万円からの価格設定なので、大幅な価格UPとも感じるが、現行モデルのクリーンディーゼル4WDを採用したエントリーグレードの「ジャスパー」は、約375万円からとなっているので、安全装備の拡充などを考えるとお買い得な価格設定とも言えるだろう。

また、ガソリンモデルは、現行モデルが継続販売されるとのことなので、コスト重視や従来フェイスが好みのユーザーはこちらを選ぶこともできるとのことだ。

予約は開始されているが、発売時期は未定となっており、ディーラー情報では2月ぐらいともいわれている。実車は三菱自動車本社ショールームで先行公開されている他、2019年1月11~13日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」にも出展されるとのこと。悪路走破性だけではなく、デザイン、安全性が向上した新しいD:5を早くチェックしたい人は、足を運んでみると良いだろう。

※価格はすべて消費税込

■関連リンク
新型デリカD:5 スペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new

三菱自動車本社ショールーム
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/showroom/

Related Gallery:2019 MMC Delica D:5