テスラ、「モデル3」用のキーを新たに発売 ただし「パッシブ・エントリー」機能は非搭載
Related Gallery:Tesla Model 3 key fob

テスラ「モデル3」用の新しいスマートキーが発売された。テスラのウェブ・サイトにて150ドル(約1万7,000円)で販売されているこのキーは、モデル3のボディを模ったミニチュアの様な形状をしており、ブラックのボディにテスラのロゴがあしらわれている。しかし、米国の電気自動車メディア『Electrek』が指摘しているように、このキーには大きな難点がある。「パッシブ・エントリー」機能が搭載されていないのだ。パッシブ・エントリーは、キーを携帯したまま車両に近づくとロックが自動で解除される仕組みとなっている。そもそも、なぜこのキーが発売されることになったのかを考えると、この機能が省かれたことはまったくもって謎だ。

これまで、モデル3のロックを解除するには、スマートフォンまたはキーカードが頼りだった。だが、今年初めに複数のオーナーから「モデルS」と「モデルX」に採用されているものと同じ様なキーを求める声が届きはじめた。すべてのオーナーがBluetooth LEを介してロック解除を行う方式に満足しているわけでなく、一部のAndroidユーザーが問題を訴えていることが判明したのだ。新しく発売されるキーはその解決策となるはずだった。しかし、パッシブ・エントリー機能が非搭載なら、購入者はどうしてもスマートフォンをキー代わりに使いたくない人(または使えない人)で、プラスチック製のキーカードを持ち歩きたくない人に限られるだろう。ちなみにモデルSやモデルXのミニチュア型キーでは、もちろんパッシブ・エントリー機能を使うことができる。

このキーの操作方法は、本体中央部分をシングルクリックすればドアとトランクがロックし、ダブルクリックで解除する。クルマ型キーのボンネットあるいはトランクに相当する部分をクリックすれば、実車の該当箇所がそれぞれ開く。後部のトランクを長押しした場合、充電ポートが開くようになっている。このキーは、モデル3のロゴが描かれた専用ギフトボックスに入って販売されている。

とはいえ、パッシブ・エントリー機能が搭載されていなくてもこれを欲しがるモデル3オーナーは少なくなかったらしく、発売されてすぐに一時期完売となっていた。現在(日本語訳記事掲載時点)は再び注文可能になっているが、発送まで3〜4週間かかるとのこと。

注:この記事は米国版『Engadget』に掲載されたSaqib Shah記者による記事を転載したもの。


By ENGADGET
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
テスラ「モデル3」はスマートフォンが唯一のキー

【ビデオ】テスラ「モデル3」に乗って気付いたユニークな5つの特徴をご紹介!

【ビデオ】テスラ「モデルS」のドアロックをハッキングして盗み出す映像が公開

■関連動画