【ビデオ】交通違反で停止を命じられた男が警察官に向かって発砲! 警察車両の車載カメラが捉えた銃撃戦の一部始終
米国アーカンソー州で11日、男が停止中のクルマから警察官に向けて発砲する事件が発生。その衝撃的な場面の一部始終を警察車両の車載カメラが捉えていた。

この映像を公開したワシントン郡保安官事務所によると、ブレット・トンプソン伍長はリトルロックから約240km北にあるトンティタウンで、交通違反をしたドライバーにクルマを路肩に寄せて停止するように命じたという。

車載カメラの映像には、クルマを運転していた29歳のルイス・コボス・セノビオが、クルマのドアを開け、トンプソン伍長に向かって発砲する様子が映っている。続いてこの男はクルマから降り、警察車両の左側から警察官を狙って銃を撃ち、さらにボンネットの向こう側から発砲を続けた。警察官とこの男は、およそ40発にもおよぶ銃撃戦を交わした。

下のビデオには、現場に偶然居合わせた人が撮影した断片映像も含まれている。これを見ると、警察官が警察車両のSUVを周回して、発砲している男の照準線を避けているのが分かる。警察官はその後、男の方を向きつつ、隙をみて後退し、男から距離を取ろうとする。そして銃撃戦が終わった後、銃弾で穴だらけになった警察車両のSUVがこのビデオに映し出される。

車載カメラには、クルマに乗って逃げ去った男が途中で同乗者を降ろしている様子も映っている。この後、コボス・セノビオは逮捕された。彼は肩を負傷しており、病院で手当てを受けたとのことだ。

裁判書類によれば、コボス・セノビオは発砲した動機について、警察に「死にたかった」と供述したという。

コボス・セノビオは、極刑に値する殺人未遂、逃亡、違法薬物所持の予備容疑で拘留されている。刑務所の記録では、彼に弁護人が付いたかどうかは明らかになっていない。



By ASSOCIATED PRESS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】スピード違反取り締まりの車に謎の男が5発の発砲!

【ビデオ】容疑者のクルマを追走する警察官が、運転しながらフロントガラス越しに発砲!

【ビデオ】警察とカーチェイスしようなんて思わなくなる映像

■関連動画