BMW M340i xDrive Sedan
Related Gallery:2020 BMW M340i

発売が待たれるBMWの新型「3シリーズ」に、高性能な「Mパフォーマンス」モデルの「M340i xDrive セダン」が加わることになった。ボンネットの下に搭載する3.0リッター直列6気筒ガソリン・ターボ・エンジンは最高出力374ps、最大トルク500Nmを発揮することが既に予告されていたが、実はこれは欧州仕様の数字であり、今月末に開幕するLAオートショーでデビューするその北米仕様は、最高出力382hp(387ps)となり、4輪駆動の"xDrive"だけでなく後輪駆動の「M340i」も設定されることが分かった。本格的な「M」モデルである「M3」とその系列を別にすれば、史上最もパワフルな3シリーズとなる。"M"の付かない先代「340i」より48ps(北米仕様は61ps)と50Nm向上し、0-100km/h加速は4.4秒と0.5秒も短縮された。

ステアリングにシフト・パドルを装備した8速オートマチック・トランスミッションは、ローンチ・コントロールを搭載し、さらに標準装備のナビゲーション・システムから得られるデータを使ってシフト・ポイントを修正するインテリジェント・プログラミングを特徴とする。既に発表されて(ブーイングが起きて)いるように、マニュアル・トランスミッションは用意されない。

他にMの文字が付く装備や機能としては、電子制御式Mスポーツ・ディファレンシャル、前348mmディスク+4ピストン・キャリパー、後328mmディスク+シングル・ピストン・キャリバーのMスポーツ・ブレーキ、バルブ・コントロール付きでサウンドが変えられるデュアル・パイプのMスポーツ・エキゾーストが含まれる。ボディの揺れを抑えるリフト・リレーテッド・ダンパーに加えて、固めのスプリングとアンチロールバー、剛性の高いベアリング、追加されたボディ・ストラットを備え、車高が10mm低くなるMサスペンションは標準だが、電子制御の連続可変ダンパーを備えたアダプティブ Mサスペンションもオプションで装備できる。

完璧な50:50の重量配分と、先代より最大50kg軽量化され、25%剛性が向上したボディ、前後共に拡げられたトレッドなどは、他の新型3シリーズと同様だ。

新型M340i セダンは、11月30日から12月9日まで開催されるLAオートショーで実車が公開され、米国と欧州では2019年7月に発売される予定だ。


By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
BMW、7代目となる新型「3シリーズ セダン」を発表!

BMWの新型「3シリーズ」について研究開発担当重役が語る 「過去のモデルの方が良かった」という批判に反論

BMW、新型「3シリーズ」用の「M パフォーマンス・パーツ」を発表!

■関連動画