Honda releases tidal wave of new bikes at Milan Motorcycle Show

Related Gallery:Honda motorcycles 2018 Milan Motorcycle Show

ホンダは、現在開催中のEICMA2018(ミラノショー)において、多数のアップデートしたオートバイを展示している。
Honda EICMA 2018
「CBR650F」と後継として登場した「CBR650R」は、アグレッシブなフェアリングや短く切り詰めたリア・セクションを採用し、新しいLCDインストルメント・パネルを搭載。CBR650Fと比べるとハンドルバーが30mm前方に配置され、フットステップの位置が高くなったことで、よりレーシィなライディング・ポジションとなっている。車重は6kg削減されたという。650cc直列4気筒エンジンの最高出力は66kW/1,1000rpmから70kW/1,2000rpmに引き上げられた。

「CBR500R」は、CBR650Rと似たスタイリングのアップデートが施され、よりスポーティなライディング・ポジションとなった。500ccの直列2気筒エンジンは、常用域の3,000回転から7,000回転において力強いトルク特性を実現するなど、熟成を図ったという。

Honda EICMA 2018
「CB500F」や「CB650R」といったホンダのストリートバイクも、スタイリングやメカニカル面の変更を受けた。CB500Fの外観は完全に見直され、新タイプのリアサスペンションとアシストスリッパークラッチを採用。新たに登場したCB650RにはSHOWAの41mm「スパレート・ファンクション」倒立フロントフォークやラジアルマウントの4ピストン・ブレーキ・キャリパー、そしてHondaセレクタブルコントロールとアシストスリッパークラッチが採用されている。

Honda releases tidal wave of new bikes at Milan Motorcycle Show

次にご紹介するホンダの2019年モデルは、アップデートを受けたアドベンチャーバイク「CB500X」だ。このオフローダーは、新たに19インチのフロント・ホイールを採用し、前後のサスペンションのストロークが伸長された。さらにシートはスリムに、ステアリング・アングルはワイドになっている。これまで多くの顧客がオフロード性能を高めるためアフターマーケットに頼っていたが、これらの変更によってその要求にも応えられるようになったとホンダは考えている。

Honda releases tidal wave of new bikes at Milan Motorcycle Show

ホンダのスクーターに興味がある方のため、「ラッカス(日本名:ズーマー)」と「メトロポリタン(日本名:クレアスクーピー)」が復活することもお伝えしておこう。ラッカスは、ホンダ・レーシングを思わせる白、赤、黒のカラーリングで提供され、一方のメトロポリタンはより落ち着いたスタイリングとカラーとなる。

Honda releases tidal wave of new bikes at Milan Motorcycle Show

今回アップデートされるモデルとして最後にご紹介するのは、トレイルバイク「CRF」のラインナップだ。 「CRF250F」と「CRF125F」はどちらもエンジンに電子制御式燃料噴射が導入された。最も大きな変更点はホイールトラベルが増したことと、シートが厚くなったことだろう。ホンダは、シート高を大きく変更することなく、これを実現した。「CRF110F」(子供用オートバイ)にも同様の変更が施されている。


By ZAC PALMER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Honda motorcycles 2018 Milan Motorcycle Show


■関連記事
郵政カブとは一味違う!? 期間限定販売のホンダ「スーパーカブ50/110」60周年モデルが登場!!

ホンダのレジャーバイク「モンキー」が125ccになって復活! 価格は39万9,600円から

ホンダが1970年代の「CBX1000」を彷彿させるレトロなバイクの意匠登録を出願していたことが明らかに!

■関連動画