ポルシェ、次期型「911」が様々な環境下でテストされる様子を公開
Related Gallery:Porsche 992 testing

コードネーム「992」と呼ばれるポルシェの次世代型「911」が待望のデビューを飾るまで、あと数週間に迫った。既にお知らせしたとおり、今月末に開催されるロサンゼルス・オートショーで正式発表される見込みだ。ポルシェによると、新型911は2019年初頭にまず欧州で発売され、それから他の市場に順次導入されるという。992はこれまで、ほとんどカモフラージュも施さずに公道に現れている姿が何度も目撃されているが、ここに来てポルシェから公式に、様々な環境下でテストしている様子を撮影した写真が公開された。

New Porsche 911 testing
992が現行モデルや先代モデル、そしてライバルのクルマに立ち向かうためには、まず凍えるような寒さと茹だるような暑さの中で、テストと改善を果てしなく繰り返すことが必要だ。車内や機関はカリフォルニア州デスバレーや中東の50℃から、フィンランド・ラップランドのマイナス35℃まで耐えられなければならない。品質基準の低い燃料を使用したり、道路の舗装状態が酷い国でも、期待通りの良いパフォーマンスを発揮できなければならない。製造される全てのポルシェ車が、オーナーのもとで甘やかされるわけではないのだ。ドイツ・アイフェルの山岳地帯にあるサーキットで耐久テストを行い、イタリア・ナルドの試験場では高速走行時の冷却やハンドリングも試される。ポルシェによると、全テスト車両の走行距離は合計で300万kmに及ぶという。もちろんその中には、ドイツの伝説的なサーキット、ニュルブルクリンクにおけるテスト走行も含まれる。これには、多くの911オーナーが間違いなく、新たな誇りと喜びを感じることだろう。

正式発表前にほとんど全てが露わになっている992だが、ポルシェが公開した写真を見ると、ボディ全幅に渡るテールライトの周りには依然として黒いテープが貼られていることが分かる。最後に明らかにされるのは、この部分になるようだ。新型911ではベース・モデルの「カレラ」も、現行型よりワイドなボディを採用することが分かっている。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Porsche 992 testing


■関連記事
ポルシェの次期型「911 カレラ」と「911 カレラS」、大きな可変リア・スポイラーを露わに走行テスト中!

ポルシェの次期型「911」は11月のLAオートショーでデビュー! 発売は「カレラS」と「カレラ4S」のPDK仕様から

ポルシェの次期型「911 GT3」テスト車両をニュルブルクリンクで目撃!

■関連動画