【ビデオ】マクラーレンの新型ハイパーカー「スピードテール」が実際に(ゆっくりとだが)走る映像!
我々は先週、ついに公開されたマクラーレンのハイパーカー「スピードテール」を見てとても興奮した。それはまるで、マーベル・コミックの全身銀色のキャラクター、シルバーサーファーの乗り物のようだった。YouTubeには、このハイパーカーの静止画に関する解説を提供しているおしゃべりな人々の映像が数多く投稿されているが、それらの映像に混ざって、スピードテールが自身の力によって実際に走る短い映像が公開された。

そのクルマは実にゆっくりと、マクラーレンでシニア・デザイナーを務めるアレックス・アレクシエフ氏の運転で、英国ウォーキングにあるクルマ同様に未来的なマクラーレンの本拠地、マクラーレン・テクノロジー・センターの扉から出て行く。おそらく同氏が、この動画を公開したカリフォルニア州ニューポート・ビーチにあるマクラーレンのディーラーに映像を提供したものと思われる。

速度は遅いが、それでも十分に高圧的なアイドリングのエンジン音が聞こえるはずだ。また、アレクシエフ氏が車体中央に備わる運転席に座っているのも見て分かる。車輪が回転してもフロント・ホイールのエアロ・カバーは動かないことも確認できた。だが、外に出て英国の田舎を背景に走り去るまで、非常に長いテールの先端が可動する様子は見られなかった

ここでは、それ以上のことは何も無い。しかし、実際にスピードテールが動く姿を目にすると、最高速度400km/hオーバーのクルマが4km/h以下の速度で走っていただけとはいえ、もっと見たいという欲求がますます増してくるものだ。



Watch the McLaren Speedtail in motion
Related Gallery:McLaren Speedtail


By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
マクラーレン、最高速度400km/hを超える3人乗りハイパーGT「スピードテール」を遂に公開!

【ビデオ】20世紀最高のスーパーカー「マクラーレン F1」誕生から25年を記念し、ゴードン・マレー氏が設計した当時を振り返る

工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中! オーダーしたのは日本人!?

■関連動画