【SEMA2018】1,000馬力のメーカー純正エンジンを搭載した1968年型ダッジ「スーパー・チャージャー」!
Related Gallery:1968 Dodge Super Charger: SEMA 2018

今年のSEMAショーで1,000馬力のクレート・エンジン(主に載せ替え用として単体で販売されるエンジン)を発表したFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、早速そのエンジンを搭載した1968年型ダッジ「チャージャー」を出展。今年で50周年を迎えることから選ばれたこのクルマは、名前も「スーパー・チャージャー」と改められ、全てにおいて大幅にチューンされている。

このクルマに施された急進的なアップグレードの筆頭が、FCAのパーツ&サービス部門であるMOPARから提供される「ヘレファント」エンジンだ。1968年型チャージャーが搭載していたV8「ヘミ」エンジンの第三世代に当たる現行のV8エンジンをベースに、大容量スーパーチャージャーを追加するなど様々な改良が施されたこの新型エンジンは、オクタン価93のガソリンで最高出力1,000hpと最大トルク1,288Nmを発揮する。これに現行モデルのダッジチャレンジャー SRT ヘルキャット」用6速マニュアル・トランスミッションが組み合わされている。

このクルマに見られる印象的な変更はエンジン換装だけではない。マイルドな改良からワイルドな改造まで、車両全体に施されている。フロントの全面にわたるワイドな一体型グリルはオリジナルのままだが、普段は隠されていて点灯時にグリルの一部が開く格納式ヘッドライトに替わり、グリルの裏側に現行型チャレンジャー SRT ヘルキャットのヘッドライトを装備。ボンネットにはヘレファント・エンジンに空気を送るダクトが設けられている。ボディと同じグレー・メタリックで塗られたオーバーフェンダーによって全幅は4インチ(約10cm)拡げられ、フロントに20 x 11インチ・ホイールと305/30R20タイヤ、リアには21 x 12インチ・ホイールと315/35R21タイヤを装着。1968年製のブレーキでは全く心許ないため、ブレンボ製の6ピストンで制動力も高められた。車高は前3.5インチ(88.9mm)、後2.5インチ(63.5mm)低められている。

1968 Dodge Super ChargerImage Credit:
Related Gallery:1968 Dodge Super Charger SEMA concept

このクルマに加えられた変更の中で最も気づきにくいのが、ホイールベースの伸長だろう。前輪はオリジナルより2インチ(50.8mm)も前方に移され、フロントのオーバーハングが短くなっている。僅差で2番目に分かりにくいのはテールライトだ。オリジナルと形状は同じだが、丸い部分がエキゾーストのアウトレットになっている。このエキゾースト・チップは偶然にもアルファ ロメオ「ステルヴィオ」と同じものだ。

その他のディテールも引き締まったエクステリアに貢献している。ドアのアウター・ハンドルやルーフのレインレールは削り落とされ、三角窓も取り除かれた。フロントのスプリッターは「チャレンジャー SRT デーモン」から、リア・スポイラーは現行の「チャージャー R/T」から着想を得たという。給油口は小さな"M"の文字が並ぶブルーのバックに、凶暴そうな"地獄象"、ヘレファント(Hellephant)を模ったアルミ削り出しのバッジが装着されている。

1968 Dodge Super ChargerImage Credit:
インテリアも注目に値する。デーモンと同じように後部座席は取り除かれ、サイド・ウィンドウに合わせてデザインされたロールケージが目立たないように装備されている。メーター類はMOPARのカタログに掲載されている製品。ステアリング・ホイール中央にはヘレファントのバッジが付き、シートは赤いステッチ入りのアルカンターラで張り替えられているが、いずれも今は亡きダッジ「ヴァイパー」から流用された物だ。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【SEMA2018】メーカー純正エンジンで1,000馬力に! MOPARが「ヘレファント」エンジンと載せ替え用キットを発売

【SEMA2018】SpeedKore、フルカーボンファイバー製ボディに「デーモン」のエンジンを搭載した1970年型ダッジ「チャージャー」を披露

【ビデオ】これが『ワイルド・スピード8』でドミニクが乗るダッジ「チャージャー」の排気音!