VW
Related Gallery:2018 VW Turan Tdi Premium

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2018年10月30日より、7人乗りコンパクトミニバンの「ゴルフトゥーラン」のディーゼルモデルに、専用レザーシート、専用アルミホイールなどを採用した限定モデルの「TDI Premium」を設定し、300台の数量限定で発売を開始した。

ベースグレードは、最上級モデル「TDI Highline」。ボディカラーはオリックス ホワイトマザーオブパールエフェクト(有償カラー64,800円・右)とインジウムグレーメタリック(左)の2色展開となっており、各色150台づつ用意されている。

VW
ゴルフトゥーランのディーゼルモデルとしては、初めてレザーシートを採用。また、レザーシートカラーとして初採用のストームグレーが採用され、明るいインテリアを演出している。

シートは、パワーシート&パワーランバーサポート(運転席)の他、シートヒーター(前席・2列目左右)も装備されており、本革シートであっても冬場のドライブを快適に過ごせそうだ。

なお、インジウムグレーメタリックの場合は、ストームグレー内装、オリックスホワイト マザーオブパールエフェクトの場合は、ブラック内装となっているので、インテリアカラーで選ぶか、エクステリアカラーで選ぶか悩ましい。

VW
いずれのカラーを選んだ場合でも、頭上空間から光が降り注ぐ、電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UVカット機能付)が装備されるので、明るく開放的な室内空間でのドライブを楽しむことができる。

また、後席のドアには、夏場の太陽光などを遮ることもできるサンブラインドが内蔵されており、より後席の快適性が高まっている。

vw
ナビ、オーディオ機器としては、人気オプションの純正インフォテイメントシステム"Discover Pro"も装備されている。

"Discover Pro"には、SSD ナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、Volkswagen Media Controlアプリケーション対応など、フル装備といってよい機能が搭載されている。

その他、ETC2.0対応車載器 、モバイルオンライサービス"Volkswagen Car - Net"(コネクティビティ機能" App - Connect "、テレマティクス機能" Guide&Inform ")、リヤビューカメラ"Rear Assist"なども装備され、最上級モデルにふさわしい仕様となっている。

VW
特に、雨天時の買い物などで重宝しそうな、荷物の出し入れ時に便利な " パワーテールゲート(挟み込み防止機能、"Easy Open "機能付) " などを含むテクノロジーパッケージも装備される。

VW
このテクノロジーパッケージには、ダイナミックコーナリングライト、ダイナミックライトアシストといったナイトドライブをサポートしてくれる機能の他、駐車支援システム"Park Assist"、LED テールランプも装備されており、安全性・快適性に加え上質さも高めた、まさに最上級のゴルフ トゥーランの限定車に仕上げられている。

ベースモデルの「TDI Highline」の価格が407万9,000円。それに加え、メーカーオプションの"Discover Pro"25万9,200円、電動パノラミックスライディングルーフ17万2,800円、テクノロジーパッケージ17万2,800円を加えると、468万3,800円となる。

「TDI Premium」は、さらにレザーシートや専用デザインのアルミホイールなどが装着されて、価格は459万9,000円となっているので、なんと、レザーシートがついても8万4,800円もお買い得な価格設定となっている。

もし、「TDI Highline」をフルオプションで購入を検討している読者がいれば、カラーさえ気に入れば、「TDI Premium」が絶対おススメだ。

(※画像の一部は実際の車両とは異なる場合があります。)
(※価格はすべて掲載時の消費税込)


■関連サイト
フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

Related Gallery:2018 VW Turan Tdi Premium