【SEMA2018】フォードがスーパーカー「GT」の最軽量仕様となる「GT カーボン・シリーズ」を公開!
Related Gallery:2019 Ford GT Carbon Series: SEMA 2018

フォードは先日、スーパーカー「フォード GT」の追加生産を発表したばかりだが、続いて「フォード GT カーボン・シリーズ」と呼ばれる限定バージョンを発表。現在ラスベガスで開催中のSEMAショーに実車を出展している。

グレーでペイントされたボディのセンターには、カーボンファイバーの織り目を露出したストライプが入れられている。そのさらに中央にコントラスト・カラーのストライプを引いて強調することも可能だ。このコントラスト・カラーはシルバー、オレンジ、レッド、ブルーの4色から選べ、ミラー・キャップとブレーキ・キャリパーも同じ色で塗られる。

インテリアはシートに独特なシルバーのステッチが施され、アノダイズ仕上げされたシフトパドルを装備。インストゥルメント・パネルに専用のバッジも付く。エアベントポッド、サイドシル、センターコンソールにはマット仕上げのカーボンファイバーが使われている。

2019 Ford GT Carbon Series
視覚的なアップグレードも素晴らしいが、カーボン・シリーズの本当の魅力は、同車が現在最も軽量なGTであることだ。本来はオプションのカーボンファイバー・ホイールやチタン製ラグナット、チタン製エキゾーストを標準装備し、さらに追加のベントが開けられたポリカーボネート製エンジン・カバーを採用することによって、全体で40ポンド(18kg)近い軽量化に成功したという。さらにオーディオやエアコンを削除すればもっと軽くなったのではないかと思われるが、フォードによればGTの顧客はそれを望んでいないそうだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Ford GT Carbon Series: SEMA 2018

Related Gallery:2019 Ford GT Carbon Series


■関連記事
フォードが「GT」の追加生産を決定! 新たに350台分の申し込みを受付

【ビデオ】白夜の国ノルウェーの絶景ロードを旅する「フォードGT」

【ビデオ】これが手作業で組み立てられる新型「フォード GT」生産工場の内部だ!

■関連動画