【CEATEC2018】未来の洋服選びは、クルマの中のスタイリストにお任せ!? 楽天が日産「e-NV200」を出展!!
Related Gallery:CEATEC JAPAN2018 e-NV200 Rakuten

インターネットショッピングモールの楽天市場などを手掛ける楽天は、CEATEC JAPAN2018に、日産「e-NV200」を使った遠隔スタイリング支援システムを出展した。

このシステムを搭載したe-NV200は、デジタルサイネージを活用したスタイリングルームを備え、近未来のお買い物体験を提供してくれるクルマに仕上げられているとのことだ。

yokohama
リモートファッションカウンセリングビークルと呼ばれるこのEVでは、システムを利用することで、遠く離れた場所にいる店員(スタイリスト)にコーディネートなどのファッションアドバイスをもらうことができるとのことだ。

このように、車両後方のリアゲート部に垂れ幕が装着され、簡易スタジオのようなスタイリングルームが作られている。

yokohama
垂れ幕の中に入ると、このようにいろいろな洋服が表示されたディスプレーと大型のスクリーンが搭載されている。

このスクリーンの前に立つと自分の姿がカメラで撮影され、スクリーンに表示。そして、好みの選んだ服をあたかも着ているような体験ができる他、遠隔地にいる専門のスタイリストに、自分のコーディネートを評価してもらったり、おススメの服を選んでもらったりすることができるとのことだ。

もちろん、気に入った服があれば、デジタルサイネージ上に表示されるQRコードを読み込むことで、楽天市場で購入することができる。

なお、このシステムは、すでに7月に福島県の会津大学と共同研究で実証実験が行われており、オフラインのショッピング体験における地域的制約、物理的制約、心理的制約の3つの課題を解決することを目指して研究されているとのことだ。

家の近くに店がなく、そうは言ってもネットショッピングだけでは満足できない洋服選びの楽しさを、この遠隔スタイリング支援システムが搭載されたEVが補ってくれる日がもう間もなく来るかもしれない。

■関連リンク
楽天株式会社 公式サイト:「楽天、会津大学との共同研究で『遠隔スタイリング支援システム』活用に向けた実証実験を実施
https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2018/0723_01.html

Related Gallery:CEATEC JAPAN2018 e-NV200 Rakuten
​​​​​​​

■関連記事
日産の電気商用車「e-NV200」が仕様向上 40kWhの大容量バッテリーを採用

日産、「NV300」と「e-NV200」をベースにしたクールなキャンパー・バンをスペインで発表!

【CEATEC2018】移動中は実は空っぽ!? 三菱UFJが手掛けた日産「NV200」のお財布カーとは!?