TRD
Related Gallery:2018 Lexus ES TRD

TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2018年10月24日より、レクサス「ES」の発売にあわせレクサスブランド向けスポーツパーツ"F SPORT PARTS"を発売した。

開発コンセプトは「Aerodynamic Control」「Total Balance」。" 洗練されたスタイルで、美意識と機能美にこだわり抜いたスポーツパーツ"をキーワードとして、専用のカスタマイズパーツを開発したとのことだ。

TRD
フロントセクションでは、オリジナルより地上高が約45mmダウンとなり、よりスポーティーな印象を演出する3分割の「フロントスポイラー」(9万5,000円)、サイドセクションには、オリジナルより地上高が約51mmダウンし、ボディ側面を流れる風を整流することで、直進安定性を向上させる「サイドスカート」(9万円)が用意されている。

TRD
ESといえば、乗用車で世界初採用となった、デジタルアウターミラーが装着され、ミラーレス車として登場しことで話題となった。

しかし、実はデジタルアウターミラーは、ベースグレードやスポーティな"F SPORT"グレードでは選ぶことができず、最高級グレードの"version L"にメーカーオプション(21万6,000円)で装着することができる設定となっている。

そのため、TRDでは、先進的なスタイリングの美しさもさることながら、走行時の風切音低減と明快な運動性能向上をもたらす「エアロダイナミクスミラーカーバー」(5万6,000円)を設定。装着することでデジタルアウターミラーとは違う、機能性と存在感を楽しむことができそうだ。

TRD
リヤセクションでは、安定したダウンフォースと直進性をもたらす「リヤディフューザー」(11万円)、また、高級感がありつつもスポーティなデザインの「スポーツマフラー」(28万5,000円)が登場した。なお、こちらは同時装着が必要なので、セットで装着する必要がある。

また、他のモデル同様、純正のボディカラーをより際立たせる黒塗装のエアロパーツ"BLACK EDITION"のツートーンスタイルにも仕上げることもできる。

その他、ボディフロア全体を前から後ろまでバランスよく補強することで、 サスペンションがより効果的に路面からの入力を受け止め しなやかな乗り心地と安定したロードホールディング性能に寄与する「メンバーブレース」(9万5,000円)や、19インチ、20インチの鍛造ホイールなど、メーカーワークスのTRDらしい走りを向上させるパーツも用意されている。

装着することで、大きくイメージが変わることなく、シンプルながらベースモデルよりも、さらに走行性をアップしたいというユーザーにおススメのカスタマイズパーツと言えるだろう。

(※価格はすべて消費税別・工賃別)

■関連サイト
TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/index_menu.html

Related Gallery:2018 Lexus ES TRD