【ビデオ】GoProカメラを搭載したドローンが至近距離から捉えた、迫力満点のドリフト映像!
ドローンを使うことで素晴らしい映像の撮影が可能になった。高空を飛行しながら速い動きで撮影する数十年前の空撮と似たようなことが、数分の1という費用で行える。我々の撮影班も絶大効果狙ってドローンを使うのだが、その驚異的な映像にはいつも感心させられる。ドローン・レーサー/フォトグラファーのJohnny FPVは、さらに高性能なレーシング・ドローンを使って、フォーミュラ・ドリフトを高速かつ近距離で撮影するという凄技を見せてくれた。

ダフト・パンクのリミックス曲に乗り、「GoPro Hero7 Black」を搭載したレーシング・ドローンが、サーキットを走るドリフト・マシンを、時には背後に立ち上る濃いタイヤ・スモークの中から、あるいはその真上から追い続ける。近距離撮影では全アングルがカバーされ、コーナーで2台が平行にスライドする際にはマシン同士のスピード感(と車間距離の狭さ!)を堪能できる。また、ある時には弾丸のようなマシン同士が接触し、コースからはみ出したタイヤが巻き上げる砂煙の中を、ドローンは切り裂くように飛んでいく。

映像の後半では、ビデオグラファーが撮影で使ったいくつかの装備について詳述している。彼の作品を再現したいという人のために、様々なドローンのフレーム強度や回転翼のモーターに関して説明してくれるのだが、我々にはそんな技術はないから、彼と同じ機材を使ってもとても真似できるとは思えない。その技術こそが、この映像を驚くほど見応えのある物にしている一因でもあるのだ。

なお、下に掲載したGoProが公開している方のビデオには、ドリフト・マシンの素晴らしいサウンドも収録されている。臨場感のある映像には爆音も欠かせないと思う方は、そちらをご覧いただきたい。






By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】日産「GT-R」とスーパーカー並みに速い日産「GT-R ドローン」が対決!

【ビデオ】ジャガー、ドローンが100km/h近い速度で新型「XJ」の後部座席を通り抜けるレースを開催!

【ビデオ】GoProが捉えた、夜の東京を走る派手やかなクルマたち

■関連動画