アウディ、米国で10台限定の「R8 V10プラス コンペティション パッケージ」を発売!
Related Gallery:2018 Audi R8 V10 Plus Competition Package

アウディが2017年に発売した999台限定モデル「R8 V10 RWS」よりも、さらにレアな「R8」を発表した。「R8 V10プラス コンペティション パッケージ」と名付けられたこのクルマは、僅か10台のみが米国市場に導入される。

この限定モデルには、通常モデルの「R8 V10プラス」と異なる点がいくつかある。まず、一目で分かるのが、カーボンファイバー製の様々なエアロパーツが装着されていることだ。アウディ・スポーツによるこれらのフロント・スプリッター、カナード、リア・ディフューザー、そして大型リア・ウイングの効果は抜群で、150km/hの速度で走行時にはベース車の2倍にもなる53kgのダウンフォースを発生。最高速度の315km/hでは、ダウンフォースが100kg増しの250kgに達するという。

さらにこのコンペティション・パッケージは、標準のR8 V10プラスより13kg軽量化されている。そのうち1kgはカーボンセラミック・ブレーキパッドのチタン製バッキング・プレートから、あとの12kgは圧延アルミ・ホイールの採用によるものだという。極限のハンドリングを実現させるこのパッケージを具現化するため、アウディは3ウェイの調整が可能なコイルオーバー・サスペンションを装備した。

2018 Audi R8 V10 Plus Competition Package is a hardcore, ultra-rare R8
限定生産となる10台は、全てスズカ・グレーというほぼ白に近いボディ・カラーで塗られる。フルレザー張りのインテリアには、ブラックに赤でコントラスト・ステッチを施したレーシング・シェル・シートを装備。アルカンターラ巻きのステアリング・ホイールは12時の位置に赤いマーキングが入り、シフトパドルはカーボンファイバー製。13スピーカー/550Wのバング&オルフセン製サウンド・システムが装備されていることを考えれば、超軽量化を最優先したR8 RWSとは全く異なるアプローチで作られたことは明らかだ。

R8 RWSとの違いは価格にも表れている。後輪駆動の特別仕様車であるR8 RWSは、R8シリーズでもっとも懐に優しいモデルだったが、コンペティション・パッケージはかなりの高額だ。輸送費別で23万7,350ドル(約2,666万円)という価格は、ベースとなるV10プラスより4万2,950ドル(約482.5万円)のプレミアムが上乗せされており、R8 RWSと比べると9万8,650ドル(約1,108万円)も高い。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Audi R8 V10 Plus Competition Package


■関連記事
アウディ、「R8」にレースカーと同じ2輪駆動の限定モデル「R8 V10 RWS」を設定

アウディ「R8」、次期型モデルの計画は今のところなし

【パリモーターショー2018】アウディ スポーツ、最新型レースカー「R8 LMS GT3」を発表!

■関連動画