フォードのディーラー向けイベントで公開された新型「マスタング シェルビー GT500」の写真が流出!
フォードは数ヶ月にわたり、新型「マスタング シェルビー GT500」のチラ見せを続けてきた。まずは今年1月、扇情的なリリース文と短い動画が公開され、次に巨大なフード・ベントとリア・ウイングを見せつける俯瞰画像が発表されたが、それ以上のことは推測の域を出ていない。しかし先日、あるフォードのイベント(ディーラー向け説明会と思われる)で、ついに実車の姿がカメラに収められた。


「2019/2020モデルの新型フォード マスタング シェルビー GT500! フォード・ディーラーにお勤めで、メーカー希望小売価格で売ってくれるという方は、私にダイレクトメッセージを送ってください! 今日、内金を入れます!(注意:ここにある画像はInstagramのダイレクトメッセージを介して送られてきたものです。撮影者は私ではありません。私のアカウント名を画像に追加して転載しています)」

この写真は「sinister_lifestyle」と名乗るInstagramのアカウントに掲載されたもの。このクルマが本物のシェルビー GT500かどうか確認することはできないが、我々には本物のように見える。なお、この画像はミシガン州ディアボーンに本社を置くフォード・モーター・カンパニーの位置情報がタグ付けされていた。

予想どおり、新型シェルビー GT500は「シェルビー GT350」のパワーアップ・バージョンのようだ。エアフローを改善するため、フロントエンド全体に開口部が拡大され、前後のフェンダーも幅が拡げられているように見える。タイヤにも注目してほしい。断言するのは難しいが、シボレーの「カマロ ZL1 1LE」が装着するタイヤ(量産カマロの中で最もワイドなフロント305mm幅)に匹敵するものを採用しているように思われる。

Instagramに投稿された画像は2枚だけで、どちらも斜め前方から撮影されている。それゆえ、他のディテールやインテリアがどうなっているのか、判断することはできない。シェルビー GT500のパワーユニットに関する正確な情報も未だに不明のままだ。

追記:匿名の事情通が米国版Autoblogに語ったところによれば、この画像はラスベガスのディーラー向けイベントで撮られた物で、集まったディーラーたちは、同車の最高出力がおよそ700hpになるであろうと聞かされたという。フォード広報は、この画像についてのコメントを控えている。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
フォード、新型「マスタング シェルビー GT500」の公式画像を初公開! 巨大なフード・ダクトとリア・ウイングを装備

【ビデオ】フォード史上最強の公道仕様車、新型「マスタング シェルビー GT500」が2019年に登場!

フォードの次期型「シェルビー GT500」に積まれるスーパーチャージャー付きV8エンジンの写真がリーク!

■関連動画