最大積載量を400kg以上も超えた状態でアウトバーンを走っていたメルセデス・ベンツ「Cクラス ステーションワゴン」が捕まる!
最大積載量を超える荷物を積んだクルマが時々警察に捕まっている。例えばIKEAヘ買い物に行った際など、物を車内に詰め込み過ぎたり、安全な範囲を超えてルーフに積んでいるクルマが少なくないのだ。

写真のメルセデス・ベンツのワゴンはドイツ・シュトゥットガルト近辺のアウトバーンで警察に止められたクルマだが、これでは警察に見つかるのも当然と言える。ルーフラックには十数本のタイヤや自転車を載せ、車両後部に取り付けた自転車用キャリアには、危なっかしい状態でピアノが括り付けられている。その上にはさらに、オフィス用のイスまで置かれていた。

警察がこのメルセデス S202(初代「Cクラス ステーションワゴン」)の重量を測ると、同車の最大積載量を400kg以上も超えていたことが分かった。言うまでもなく荷物は不安定に載せられており、先日お伝えした"ベニヤ板のギロチン"のように、他のドライバーを危険に晒していた。

このルーマニアから旅をしていたという46歳の男性は、95ユーロ(約1万2,000円)という軽い罰金で済んでいる。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
トラックの荷台から落下したベニヤ板が、フロントガラスに突き刺さる! 女性ドライバーは危機一髪命拾い

走行中にフロントガラスを直撃した物はなんと斧! 九死に一生を得たドライバーは事故前後の記憶を喪失

【ビデオ】トラックから落下した雪の塊が、横を走っていたクルマのフロントガラスに直撃!

■関連動画