故ポール・ニューマンが米国SCCA選手権に参戦した1979年型ダットサン「280ZX」が売り出し中!
Related Gallery:Paul Newman Datsun 280ZX

映画『ブリット』でスティーヴ・マックィーンが乗ったハイランド・グリーンの「マスタング」が数十年振りに姿を現したことは実に喜ばしい出来事だった。だが、映画に登場したクルマではなく、有名な俳優が私生活で運転し、しかもサーキットで激しいレースを展開した1台のクルマが、いま注目を集めている。故ポール・ニューマンが駆った1979年型ダットサン「280ZX」(日本名:2代目日産「フェアレディZ」)だ。米国SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)のCプロダクション選手権に参戦したシャシー番号100026の同車が全面的な修復を経て、現在売りに出されているのだ。画像でご覧いただける通り、素晴らしいクルマだ。

ニューマンが俳優としてのみならず、レーサーとしても成功を収めたことは周知の通りだ。彼は約20年間にわたって日産/ダットサンとは密接に関わり、日産「スカイライン」の6代目に設定された「ポールニューマン・バージョンには、彼のサインが描かれている。だが、実際にスカイラインよりもニューマンと縁が深いのは"Zカー"の方だろう。彼はポルシェフェラーリで耐久レースに参戦した後、1978年には280ZXに乗り換えた。翌年のデイトナ、ル・マン、ワトキンズ・グレンではポルシェ「935」を操るが、SCCAのCプロダクション選手権には280ZXで参戦。1979年に同車で7回の優勝(そのうち6回はポール・トゥ・ウィン)と2度の最速ラップを記録している。その後もニューマンは1980年代を通して、ボブ・シャープ・レーシングから280ZXとその後継の「300ZX」で多数のレースに参戦を続けた。当然、ニューマンのレーサーとしての成功は日産にとって絶大な広告効果となった。

赤、白、青のペイントが特徴的なニューマンのクルマは、今年の1月にクラシックカー専門サイト『Petrolicious』で、ドラン・レーシングによりレストアされたワイドボディの280ZXの映像が公開されて以来、脚光を浴び続けている。2015年にアダム・カローラが制作したドキュメンタリー映画『Winning: The Racing Life of Paul Newman』ではカーレーサーとしてのニューマンの軌跡が描かれており、当時のレースを戦う280ZXの姿も登場する。カー・ナンバー33と様々なスポンサーのステッカーが貼られたダットサンは、現在購入希望者からの金額提示を受け付け中だ。もし手に入れたいと思ったら、大金を準備する必要があることは間違いない。だが、それも当然と言えるだろう。車両本体に加え、多くのスペア・パーツや様々な当時の資料、記念品も付属するという。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Paul Newman Datsun 280ZX


■関連記事
「マスタング」や「カマロ」と真っ向勝負ができた、1981年型ダットサン「280ZX」(フェアレディZ)を廃車置場で発見

ポール・ニューマンが愛用したロレックス「コスモグラフ・デイトナ」、オークションで腕時計史上最高額を記録!

パワーは304ps! ポール・ニューマンがカスタマイズした「ビートル」が売り出し中

■関連動画