【パリモーターショー2018】ブガッティ、SUVの製造も検討していることが社長の発言から判明!
Related Gallery:Bugatti Divo in Paris

フォルクスワーゲン・グループ傘下の高級自動車ブランドを思い返してみると、多くのブランドがラインアップにSUVを揃えている。ポルシェには複数のモデルがあり、ベントレーには「ベンテイガ」、ランボルギーニには「ウルス」がある。そしてどうやら、ブガッティも車高の高いクルマによるラインナップ拡大を検討しているようだ。少なくとも、ブガッティのステファン・ヴィンケルマン社長はそのように語っている。

現在、ブガッティは様々な「シロン」のバリエーションを製作しており、パリ・モーターショーには「ディーヴォ」(画像)を出展した。『Automotive News』によれば、その会場でヴィンケルマン社長は「このブランドには、さらなる準備ができています」と語ったという。この歴史的に名高いブランドで、現在その中核を担っているのはW16気筒エンジンだが、今後もそうである必然性はないと同氏は言う。「W16気筒エンジンは今日のブランドのコアとなっていますが、それが永遠に中心にあり続けるわけではありません」と語るヴィンケルマン社長は、ブガッティが様々なエンジンやシャシーの選択肢と、同時にSUVの可能性も検討していることを明らかにした。

先月、ヴィンケルマン社長は『Car Advice』によるインタビューで、最高出力1500psのW16気筒エンジンはブランドにとってかけがえのないものというわけではなく、同社はさらに先のことを考えていると語った。同社長は「この種類のものとしては最後になるでしょう。遅かれ早かれ、法規制によって誰もが抜本的な対策を迫られることになります」「先進技術の先頭にいたいなら、変化する時を適切に選択することが重要です」と述べている。さらにパリでは「ハイブリッド・エンジンも将来の一端になり得ます。排出ガス削減という点において、社会的な容認を得られやすいと考えられるからです」と、この元ランボルギーニの重役は付け加えた。

販売台数のことも考える必要がある。ブガッティは量産車ではなく限定モデルのハイパーカーを生産してきたメーカーだ。こうした車種拡大は、株主に対する弁明になるに違いない。SUVは、スポーツカー高級車メーカーとして知られていた他の自動車メーカーにとって、利益をもたらす車種であることが既に判明している。ランボルギーニは、スーパーカーがあまり受け入れられないと通常は考えられているロシアのような地域でも、ウルスは非常に歓迎されていることを明らかにしている。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
ブガッティのCEOが、W型16気筒エンジンの後継は開発しないと明言 今後は「別の方法」に注力

ブガッティ、コーナリング性能を高めた限定モデル「ディーヴォ」を発表! 約6億4,700万円で既に完売済み

ランボルギーニの新たな顧客は「ロシア市場と仮想通貨の投資家」

■関連動画