【ビデオ】マツダ、ロータリー・エンジンを電気自動車のレンジエクステンダーとして復活させると正式に発表!
ロータリー・エンジンが本当に復活する。今回は出所の不確かな噂や伝聞ではない。遂にマツダから公式発表されたのだ。これまで多くの報道特許、それに「デミオ」をベースにした試作車が示唆していたように、間もなく発売される電気自動車のレンジエクステンダー(発電用エンジン)として、ロータリー・エンジンが搭載されるという。

その復活まではそれほど待つこともなさそうだ。マツダが2020年の発売に向けて独自開発しているという電気自動車は2種類で、1台は内燃機関を搭載しない完全な電気自動車、そしてもう1台がロータリー・エンジンのレンジエクステンダーを搭載した電気自動車になる。これはバッテリー残量が一定レベル以下に減ると、ロータリー・エンジンが発電を行い、航続距離を伸ばすことができる電気自動車だ。

このロータリー・エンジンは小型・軽量であるため、マツダによれば「共通のパッケージングでも電動化技術のマルチソリューション化を可能とする将来構想をもとに開発」されたという。2台の電気自動車は同じモデルのバリエーションになると見られ、ホンダ「クラリティ」ヒュンダイ「アイオニック」、あるいはスクーター用の2気筒エンジンをレンジエクステンダーとして搭載したモデルが用意されているBMW「i3」と似たラインアップになるだろう。

マツダはさらに、ロータリー・エンジンが気体燃料も使用可能であることを指摘し、災害などによる停電時には、ガソリンだけでなくLPG(液化石油ガス)を使って緊急用の発電機としても利用できると述べている。さらに燃料が多様化する将来的には、地域によって入手しやすい燃料、例えば水素やCNG(圧縮天然ガス)にも適応できるとのことだ。同社は過去にも水素で走るロータリー・エンジンを搭載した「RX-8」ベースの開発車両を製作したことがある。

マツダは、この新型電気自動車に搭載されるロータリー・エンジンについて、小型・軽量で静粛性に優れるということ以外、まだ一切明らかにしていない。マツダは技術説明会で集まった報道陣に「来年にも乗っていただける」と発言しているので、2020年の発売より前、おそらく来年の東京モーターショーの頃には詳細が分かるだろう。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
マツダの発電用ロータリー・エンジンを搭載する新型電気自動車は、「アクセラ」サイズのクロスオーバーに!?

【人とくるまのテクノロジー展2014】最新型ロータリーエンジンを搭載した「デミオ」を公開!

マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願

■関連動画