【ビデオ】米国大統領専用の新型リムジン、走る姿が初めて路上で目撃される
長い間、ゼネラル・モーターズ(GM)によって開発が続けられていた新しい米国大統領専用リムジンが遂に姿を現した。これまでと同様、通称「ビースト」と呼ばれる新型リムジンは先週末、ニューヨークでトランプ大統領の車列がトランプタワーへ向かって走っている際に初めて目撃された。2013年に開発が開始されたと伝えられている1,580万ドル(約18億円)の装甲が施されたキャデラックは今週、トランプ大統領が乗る専用車両として国連総会においてデビューを果たす予定だ。

動画を確認すると、フロント・グリルはキャデラック「CT6 Vスポーツ」に似ているが、それ以上の類似点は見受けられない。車体は市販モデルのCT6がベースというわけではなく、重装備に耐えるためにトラックのシャシーが使われている。よく見ると、2台目のビーストにトランプ大統領が乗っているようだ。このリムジンは車両重量2万ポンド(約9,071kg)近くに達する車体を推進するディーゼル・エンジンが搭載されているが、巨大なトラック用タイヤの上から発せられるディーゼル特有の騒音はほとんど聞き取ることはできなかった。今週、ニューヨークでは国連の重要な年次総会のために世界中から運ばれた大統領専用リムジンによる豪華なパレードが行なわれる。トランプ大統領の専用リムジンも「C-17 グローブマスター」という米軍の長距離輸送機によって世界中に輸送されている。

保安上の理由から詳細は公表されていないが、大統領が車内で快適に過ごすための装備と、安全を守る強固な装甲、そして極秘の装置も数多く搭載されていることは確かだ。 ウォール・ストリート・ヘリポートでトランプ大統領を待つ新モデルの大統領専用リムジン。



By ZAC PALMER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
蒸気自動車から水陸両用車まで! 歴代の米国大統領が乗ったクルマをご紹介

【レポート】オバマ大統領の専用リムジンの詳細がついに明らかに!

キャデラック、最も大トルクで環境に優しい「CT6 プラグイン・ハイブリッド」を発表



■関連動画