【ビデオ】テスラ「モデル3」、米国道路交通安全局の衝突試験で最高の5つ星評価を獲得
テスラ「モデル3」は、イーロン・マスクCEOのよく知られた生産地獄発言から最近顧客への配車を遅らせたロジスティクスの「悪夢」まで、さまざまな苦難に遭ってきた。

テスラには輝いている分野がひとつある。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が実施した衝突安全テストだ。モデル3も例外ではない。下のビデオで衝突テストの様子を見てほしい。

後輪駆動バージョンのテスラ モデル3は、NHTSAの総合安全レーティングの5つ星を獲得した。同局で発行する最高の評価だ。このテストでは、前面衝突、側面衝突、およびロールオーバー(横転)の3つの試験を行う。モデル3は各カテゴリーで5つ星を取得し、サイドバリア、ポール衝突などのサブカテゴリーでもすべて満点だった。


テスラの衝突試験の成績は、内燃エンジンの不在に支えられている。たとえば、ボンネットにエンジンがないことで、前面衝撃吸収ゾーンを広くとれる。Tesla車は横転に耐性が強い傾向があり、これはバッテリーパックが床下に置かれ重心が低いためだ。Tesla Model 3の横転リスクは6.6%たどNHTSAは報告している。

最高レーティングを受けたのはテスラ モデル3だけではない。2018年モデル車でNHTSAの5つ星評価を得たのは、ほかにスバル「レガシィ」トヨタ「カムリ ハイブリッド」などがある。さらに、マスクCEOが木曜日(米国時間9/20)に指摘していたように、5つ星評価は車が一定基準を満たしていることを意味しているだけだ。近く発表される傷害発生確率が、安全の程度を示す。


米国道路安全保険協会(IIHS)も安全レーティングを決めるために衝突試験を行っている。自動車保険会社を代表するIIHSはモデル3の評価をまだ公表していない。



By
[原文へ]
(翻訳:Nob Takahashi / facebook

※こちらの記事は『TechCrunch』より許可を得て掲載したものです。