【ビデオ】米国版Autoblog編集部が選んだ、素晴らしい車載用スピーカー5機種
もし貴方がオーディオ愛好家なら、クルマに標準装備されているスピーカー・システムが必ずしも最高のサウンド・クオリティを提供してくれるとは限らないことをご存じだろう。そこで今回は、米国版Autoblogの編集部がアフターマーケットで販売されている車載用スピーカーから優れていると感じた製品を5つ選んでみた。日本では手に入りにくいものもあるかもしれないが、ご参考までに。

JBL「GTO 609C」 - 79.95ドル(約9,000円:日本での実売価格1万5,000円)
この6インチ径セパレート 2ウェイ・スピーカーは、JBL独自の「Plus One」テクノロジーを採用し、カーボンインジェクテッド・コーン紙による豊かな低音とエアフローの向上をもたらす。。

パイオニア「TS-A1685R」 - 63.95ドル(約7,200円)
より素晴らしいサウンド・クオリティのために「マイカマトリックス」コーンデザインや、耐熱性ボイスコイルを採用する。

パイオニア「TS-A1376R」 - 47ドル(約5,200円)
メッシュ・グリルのデザインを採用し、最大入力は300W。純正スピーカーからの交換に最適。

BOSS AUDIO SYSTEMS「CH6530」 - 22.99ドル(約2,600円)
インピーダンス4Ωの6.5インチ 3ウェイ・ラウドスピーカー。システム音圧レベルは90dB、最大入力は300Wだ。

Rockford Fosgate「R165X3」 - 37.60ドル(約4,200円:日本での実売価格8,000円前後)
耐久性の高い真空PP(ポリプロピレン)コーンを採用した6.5インチの3ウェイ・コアキシャル・スピーカーで、最大入力90W。



By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー