ProEXR File Description  =Attributes= cameraAperture (float): 35.9999 cameraFNumber (float): 8 cameraFarClip (float): 1e+030 cameraFarRange (float): 1e+018 cameraFocalLength (float): 30.417 cameraFov (float): 61.2319 cameraNearClip (float): 0 cameraNearRange (float): 0 cameraProjection (int): 0 cameraTargetDistance (float): 200 cameraTransform (m44f): [{0.545267, -0.836955, -0.0468099, -489.756}, {-0.838263, -0.544416, -0.0304485, -148.636}, {0, 0.0558416, -0.998439, 89.9828}, {0, 0, 0, 1}] channels (chlist) compression (compression): Zip dataWindow (box2i): [0, 0, 5786, 2570] displayWindow (box2i): [0, 0, 5786, 2570] lineOrder (lineOrder): Increasing Y name (string): "" pixelAspectRatio (float): 1 screenWindowCenter (v2f): [0, 0] screenWindowWidth (float): 1 type (string): "scanlineimage" vrayInfo/camera (string): "p12_13_TRD_Fr" vrayInfo/computername (string): "e04nw1001" vrayInfo/cpu (string): "INTEL/P2(M5)" vrayInfo/date (string): "2018/Jul/4" vrayInfo/filename (string): "W:/SXENTX/_20180323_605B606B607B/_605B606B607B_ACC_project/scenes/Main/TRD/testingScenes/_605B606B607B_MJ008_HV_G_wTRD_FrStyle_" vrayInfo/frame (string): "00000" vrayInfo/h (string): "2571" vrayInfo/mhz (string): "0MHz" vrayInfo/os (string): "Microsoft(tm) Windows(tm), version 6.2, " vrayInfo/primitives (string): "12050292" vrayInfo/ram (string): "65248MB" vrayInfo/renderlayer (string): "defaultRenderLayer" vrayInfo/rendertime (string): " 0h  2m 37.3s" vrayInfo/scenename (string): "_605B606B607B_MJ008_HV_G_wTRD_FrStyle_VRay_v002" vrayInfo/time (string): "23:13:53" vrayInfo/vmem (string): "134217728MB" vrayInfo/vraycore (string): "3.60.04" vrayInfo/vrayversion (string): "Version of V-Ray for Maya 3.60.03" vrayInfo/w (string): "5787"  =Channels= A (float) AO.B (float) AO.G (float) AO.R (float) B (float) ET_Car.B (float) ET_Car.G (float) ET_Car.R (float) G (float) GI.B (float) GI.G (float) GI.R (float) R (float) Z (float) lighting.B (float) lighting.G (float) lighting.R (float) mID01 BodyColor.B (
Related Gallery:2018 Toyota Sienta TRD

TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、トヨタシエンタ 」のマイナーチェンジにあわせTRDパーツの発売を開始した。

新たにデザインされたエアロパーツは、ヨーロピアンなスタイリングをイメージさせる仕上がりを目指して開発されたものだ。

フロントセクションでは、フロントスポイラー(3万6,000円)が登場、装着することで、オリジナルより約23mm地上高がダウン、全長が約13mmプラスとなり、TRDらしいスポーティなスタイルを作ることができる。

ProEXR File Description  =Attributes= cameraAperture (float): 35.9999 cameraFNumber (float): 8 cameraFarClip (float): 1e+030 cameraFarRange (float): 1e+018 cameraFocalLength (float): 30.417 cameraFov (float): 61.2319 cameraNearClip (float): 0 cameraNearRange (float): 0 cameraProjection (int): 0 cameraTargetDistance (float): 200 cameraTransform (m44f): [{0.545267, -0.836955, -0.0468099, -489.756}, {-0.838263, -0.544416, -0.0304485, -148.636}, {0, 0.0558416, -0.998439, 89.9828}, {0, 0, 0, 1}] channels (chlist) compression (compression): Zip dataWindow (box2i): [0, 0, 5786, 2570] displayWindow (box2i): [0, 0, 5786, 2570] lineOrder (lineOrder): Increasing Y name (string): "" pixelAspectRatio (float): 1 screenWindowCenter (v2f): [0, 0] screenWindowWidth (float): 1 type (string): "scanlineimage" vrayInfo/camera (string): "p12_13_TRD_Fr" vrayInfo/computername (string): "e04nw1001" vrayInfo/cpu (string): "INTEL/P2(M5)" vrayInfo/date (string): "2018/Jul/4" vrayInfo/filename (string): "W:/SXENTX/_20180323_605B606B607B/_605B606B607B_ACC_project/scenes/Main/TRD/testingScenes/_605B606B607B_MJ008_HV_G_wTRD_FrStyle_" vrayInfo/frame (string): "00000" vrayInfo/h (string): "2571" vrayInfo/mhz (string): "0MHz" vrayInfo/os (string): "Microsoft(tm) Windows(tm), version 6.2, " vrayInfo/primitives (string): "12050292" vrayInfo/ram (string): "65248MB" vrayInfo/renderlayer (string): "defaultRenderLayer" vrayInfo/rendertime (string): " 0h  2m 37.3s" vrayInfo/scenename (string): "_605B606B607B_MJ008_HV_G_wTRD_FrStyle_VRay_v002" vrayInfo/time (string): "23:13:53" vrayInfo/vmem (string): "134217728MB" vrayInfo/vraycore (string): "3.60.04" vrayInfo/vrayversion (string): "Version of V-Ray for Maya 3.60.03" vrayInfo/w (string): "5787"  =Channels= A (float) AO.B (float) AO.G (float) AO.R (float) B (float) ET_Car.B (float) ET_Car.G (float) ET_Car.R (float) G (float) GI.B (float) GI.G (float) GI.R (float) R (float) Z (float) lighting.B (float) lighting.G (float) lighting.R (float) mID01 BodyColor.B (
また、サイドからリヤにかけては、サイドスカート(5万円)、リヤアンダースポイラー(3万4,000円)などのエアロパーツの他、手軽に装着できるサイドガーニッシュ(1万7,000円)、バックドアガーニッシュ(9,000円)も用意された。



TRDのモータースポーツとはあまり関係なさそうだが、今回、新たに、標準スピーカーからの置き換えで、迫力のサウンドにグレードアップすることができるTRDスピーカーセット(JBL)が登場した。

クリアでなめらかな高音を再生するツイーターと、より広い面積のコーンにより豊かな低温を再生するウーファの同軸2ウェイ構造。 サイズは、フロント用160mm、 リヤ用100mmとなっており、それぞれ専用の取り付けキットも用意されている。(価格はキット込みで、フロント4万円、リヤ3万5,000円)


そのほか、レース観戦や車中泊で活躍しそうな、サンシェードもラインナップされている。

ウインドシールドガラス、フロントサイドガラス用3枚セットで専用設計となっており、汎用のサンシェードとは異なり、光漏れなどをしっかりとガードしてくれそうだ。

なお、フロントサイドガラス用はウインドゥネット(網戸)付なので、夏場の車中泊で重宝するだろう。

シエンタは人気車種だが、意外とカスタマイズパーツのラインナップが少ない。今後、TRDらしい走りを楽しめるアイテムの登場も期待したい。

(※価格はすべて消費税、取付工賃別)

■関連サイト
TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/

Related Gallery:2018 Toyota Sienta TRD


■関連記事
デイキャンプに便利なアイテムが新たに登場!! トヨタ「シエンタ」用カスタマイズパーツをモデリスタが発売!!