大富豪イーロン・マスクのトンネル掘削会社The Boring Company(TBC)が、直接地下トンネルに接続アクセスできる一般家庭向けガレージの建設許可を、地元ホーソン議会から取得しました。TBCが構想する地下トンネルネットワークに自宅ガレージから出ることなく入ることができます。

このガレージは、TBCが最近購入したスペースX本社近くの土地で試験的に建設される計画です。ガレージ内の床面はエレベーターになっており、垂直に地下トンネルのレベルまで降りれば、横坑を通じて地下トンネルネットワークへとアクセスできる計画です。

すべての計画を実行に移すには、詳細な建設計画を議会に提出する必要があるものの、TBCの最初の計画からはトンネルネットワークにアクセスするための様々な方法や料金支払いの方法などをテストしようとしていると推測されます。また実際に試験をする際は、購入した土地のガレージからTBCが通りの地下に作った試作トンネルを通ってスペースXの敷地内に出てくるため、一般公道を走ったり市民の交通の妨げになったりすることはありません。またトンネル内の走行は車両を電動カートの上に乗せておこなうため、運転不要。

人口密集地域の地下には様々な埋設物や、規制があります。しかし、このTBCの試験が成功すれば、簡易的にではあるものの、構想する地下ネットワークを実現するための足がかりにはなるはず。ガレージで車に乗り込んで、まるでヒーローアニメのようにそのまま地下に下りていく通勤スタイル(それを設置するのにいくら費用がいるのかは別として)は、だれも嫌なはずがありません。


By Munenori Taniguchi

※こちらの記事は『Engadget 日本版』より許可を得て掲載したものです。

■関連記事
渋滞に嫌気がさしたイーロン・マスク氏、トンネル掘削企業の設立をツイッターで発表!?

【動画】イーロン・マスク、地下トンネルに通じるカーエレベーターを試運転。スペースX本社の1号トンネルに設置

【動画】イーロン・マスクの新地下交通システム? 「モデルX」が実際にトンネル内を高速走行​​​​​​​