ベントレー、創業100周年を記念して2019年製の全車種に「センテナリー・スペシフィケーション」を設定
Related Gallery:Bentley Centenary Specification

2019年に創業100周年を迎えるベントレーは、その歴史を記念して、来年1月から12月までの間、全モデルに「センテナリー・スペシフィケーション」を設定すると発表した。このパッケージでは、特別な「センテナリー・ゴールド」で縁取られたエンブレムがボディの前後、ホイール・センター、シフトノブ、リモコン・キー、ステアリングの中央に装着されるほか、インテリアは同じセンテナリー・ゴールドの糸で、シートのヘッドレストにロゴが刺繍され、コントラスト・ステッチまたはクロス・ステッチが施される。ドライバーや同乗者を迎えるときに点灯する「センテナリー・ウェルカム・ライト」も装備する。

ベントレーによれば、このゴールドの色合いは、1919年製「EXP 2」(写真のレッドとシルバーのモデル)や、1929年製"バーキン"「ブロワー」(写真のグリーンのモデル)といったヴィンテージ・モデルのメタルワークから影響を受け、同社の歴史やレースでの成功を象徴するメタリック・ゴールドを、現代的な優雅で温かみのあるトーンにアレンジし、深く流れるようなシャドウを加えたもので、「宝石のように」光を反射し、輝くように特別に調合されたという。ラジエター・グリル上のエンブレムは、このセンテナリー・ゴールドで縁取られた"B"の両側に、「1919」と「2019」という数字が入っている。この2つの年はトレッドプレートにも刻まれている。



創業者ウォルター・オーウェン・ベントレーは、そのエンジニアとしてのキャリアを機関車から始めた。彼にとって機関車はある時期、クルマやオートバイに傾倒する以前、何よりも大好きな存在だった。1910年に彼は最初の愛車となるフランスのDFPのクルマを購入し、自ら改造を施した結果、ブルックランズ・サーキットで10周の最速タイムを記録する。1912年、同氏は兄のホレース・ミルナー・ベントレーと共にベントレー&ベントレーというDFPの代理店を開業。アルミ88%、銅12%の新しいピストンを開発し、DFPのクルマをさらにアップグレードさせた。第一次大戦時にはクルマを離れ、軍事用航空エンジンの開発や改良に尽力する。彼が設計したピストンや、クレルジェ製航空エンジンを改良した「ベントレー・ロータリー」と呼ばれるエンジンが、英国海軍航空隊で採用された。

第一次世界大戦後の1919年、ウォルターは再びクルマに注力し、自らの名前を冠した自動車会社、ベントレー・モーターズを設立。1921年には最初の市販モデルとなる「3リットル」を発表した。その水冷直列4気筒エンジンは、クロスフローのシリンダーヘッド、各シリンダーあたり4つのバルブを駆動するオーバーヘッド・カムシャフト、ツインプラグなどを特徴としていた。1923年にル・マン24時間レースが初開催されると、すぐに「ベントレー・ボーイズ」と名付けたワークス・チームで参戦。初年度から速さを見せつけたものの、この年はトラブルに見舞われ優勝を逃すが、翌1924年に果たした初優勝を皮切りに、1927年から撤退を決めた1930年まで4連勝を達成する。こうして人々が敬意の念を抱く自動車メーカーになっていったのだ。

ベントレーによれば、2019年7月10日には、100年におよぶ偉業に相応しい盛大なお祝いが計画されているそうだ。


By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Bentley Centenary Specification


■関連記事
ベントレーが想像する20年後の高級車は、ホログラムの執事付き

ベントレー、新型「フライングスパー」に100万円のシャンパン・クーラーをオプション設定

【ビデオ】航空機用の27リッターV12エンジンを搭載したベントレー「GJ 400」

■関連動画