【短評】マクラーレン「570GT スポーツパック」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「ハンドリングと快適性や実用性を両立させた570」
マクラーレン「570GT」は、同社の中核的な「720S」などの「スーパー・シリーズ」より下位に位置付けられた"エントリー・レベル"のマクラーレン車だ。他の全てのモデルと同様、V8ツインターボ・エンジンと7速デュアルクラッチ・トランスミッションを搭載している。570GTの排気量は3.8リッターで、最高出力570psと最大トルク600Nmを発生する。このパワートレインをはじめ、多くの部分を「570S」と共有するが、"GT"の文字が表すように、リアのガラスハッチを開けると実用的な荷室があり、サスペンションの設定やタイヤ、装備、ボディのデザインに至るまで、より快適性を重視したクルマになっている。

だが、それでは走りの面で物足りないという不満が顧客から聞かれたのか、新たに「スポーツパック」と呼ばれるオプションが570GTに設定された(日本では「S」ハンドリング・パック)。これを選ぶと両車の"良いとこ取り"をしたGTが手に入る。

米国では5,950ドル(約66万円)のオプションとなるスポーツパックでは、サスペンションやステアリングラックが570Sに近い仕様に変更され、アダプティブ・ダンパーとスタビリティ・コントロールは570Sと同じ設定になる。今回、Autoblog米国版の編集部員が試乗した車両は、さらにカーボンセラミック・ブレーキとピレリ「Pゼロ コルサ」タイヤが装着されていた。他にも6,200ドル(約69万円)の10スポーク・ホイールや、3,090ドル(約34万円)のカーボンファイバー・トリム、12個のスピーカーで構成された2,280ドル(約25万円)のBowers & Wilkins製オーディオ・システムが装備されており、全てを合計した価格は23万6,220ドル(約2,622万円)。つまり3万ドル(約333万円)近いオプションが追加されているというわけだ。


Related Gallery:2018 McLaren 570GT

Greg Migliore 編集主任
マクラーレン 570GTは素晴らしいクルマだ。その力強く、際立ったデザインは、同社が他の欧州製エキゾジックカーに対抗し、独自の市場を切り開いている要因の1つとなっている。10年ほど前に同社が市販車ビジネスを再開した時、エンスージアストがマクラーレンのクルマを購入する理由は何だろうというもっともな疑問があった。しかし、気候が気持ちよい金曜日の朝に、窓を開けてこのクルマをドライブすれば、疑念の大半は解決されたと思わずにいられない。

0-60mph(約96.6km/h)加速は3.3秒ということだが、この数字は遅く感じられる。ノロノロした交通状況に疲れながらも、一旦信号で止まってスロットルを踏み込むと、易々と60mphに達した。ブレーキは即座に制動力を発揮し、フィールもダイレクトだ。サーキット向けにチューンされたステアリングはクイックで一貫性が感じられる。信号が黄色に変わり、急速に左に曲がらなければならなかった時には、自信を呼び起こす以上のものがあった。そして着座位置は非常に低い。自分がフォルクスワーゲン「ゴルフ GTI」を見上げていると気付いた時に実感した。それほど低いのだ。

「おはよう、マクラーレン。570GTの準備は整った」


Reese Counts共同編集者
570GTは好きだが、大好きというほどではない。そう、このクルマは驚くほど速い。3.8リッターV8ツインターボは強大なパワーを発生する。反応の良いステアリングと、荒れた路面でも苦痛を感じない固めのサスペンションを備え、操作性も良好だ。そして比較的、実用性に優れている。車内には小さな収納が沢山あり、エンジンの上部に設けられた棚によってより多くの荷物を運ぶことができる。しかし、それだけでは、私を納得させるには十分ではない。

小さな不満はたくさんある。まず、偏光サングラスを掛けていると車載インフォテインメントのスクリーンが見えないという点だ。どんなクルマであってもこれは受け入れられない。20万ドル(約2,200万円)以上もするクルマであれば尚更だ。Bluetoothに関しても若干問題があった。最大の不満はエンジンだ。力強いことは確かだが、個性に欠けるのだ。エキゾースト音については、スポーツ・エキゾーストでさえ、シンフォニーというより雑音に近い耳障りな音を奏でる。ランボルギーニのV10エンジンやポルシェの水平対向6気筒エンジンと比べると魅力がないのだ。これほどの大金をクルマに払うのであれば、感動が欲しいところだ。

最後に、570GTは私がこれまで運転してきたクルマの中で、最もシートの調整がやりにくい1台かもしれない。シートの調整ボタンは座席に組み込まれ、センターコンソールの真横に位置する。形は曖昧で、どのボタンがどう設定を変えるのか、シートに座ったまま考える必要に迫られる。この数年間にかなり多くのクルマを運転してきたが、これほど酷い物は他に無かった。

誤解しないで欲しいのは、マクラーレン自体に問題があるというわけではないということだ。720Sは驚異的なクルマだと思う。ただ、私にとって570GTはそれと同じようには響かなかったというだけだ。素晴らしいドライビング・ダイナミクスも、幾つかの悩ましいディテールを埋め合わせることはできなかった。


Eddie Sabatini 映像プロダクション・マネージャー
570GTは、街路には場違いだと私には感じられた。三つ揃いのスーツを着てトラクターの牽引をしないのと同様に、私なら日常的にマクラーレンを運転したいとは思わないだろう。このクルマはサーキットか、広く開けたワインディング・ロードが似つかわしい。ただ単調に停止と発進を繰り返す通勤向けのクルマではない。私の試乗体験は散々だった。水曜午後5時のウッドワード・アベニューで四方をクロスオーバー車に囲まれ、牢獄で手錠を掛けられているような気持ちになった。

信号で停まった時には人目を惹くし、ドアもカッコ良く開く。だが、それはBMW「i8」でも同じだし、i8なら570GTでオフィスへ戻る道すがら感じたように、束縛されているような苛立たしい気分にはならなかっただろう。私はマクラーレンを批判しているわけではない。このクルマは確かに素晴らしく、美しい、本格的なマシンだ。しかし、このクルマの能力を本当に理解するには、ニュルブルクリンクで自由にさせてやりたいと願うばかりである。







評価:7.5点
ハンドリングと快適な乗り心地を妥協なく両立させた、速くてパワフルなスポーツカー。ストレスを感じるインフォテインメント・システム、腹立たしいシートの調整スイッチ、落胆させられるエキゾースト・サウンドが、運転の楽しみを阻害する。とはいえ、溢れかえった911の中で目立ちたいなら良い選択。

スペック
エンジン:3.8リッターV8ツインターボ
最高出力:570ps
最大トルク:600Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチ
0-100km/h加速:3.4秒
最高速度:328km/h
駆動方式:後輪駆動
エンジン搭載位置:ミドシップ
乾燥重量:1,400kg
乗車定員:2名
燃費(EU複合モード):10.7km/L
米国のベース価格:20万5,450ドル(約2,280万円)
試乗車のオプション込み価格:23万6,220ドル(約2,620万円)
日本の消費税込み価格:2,810万円(570GT本体のみ)

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ジュネーブ・モーターショー】マクラーレン、快適性と実用性を高めた「570GT」を発表(ビデオ付)

マクラーレン、「570GT」のハンドリングを「570S」と同等に引き上げる「スポーツパック」を新たに設定

マクラーレンが冬用タイヤ&ホイールのセットを発売! これからの季節もスーパーカーに乗りたいオーナーのために