【ビデオ】ポルシェ「911 GT3 カップ」がニュルブルクリンク耐久選手権レースで激しく横転!
ニュルブルクリンク耐久選手権(VLN)第6戦に参戦したJ2レーシングの米国人ドライバー、ジョン・ショフナー選手は、Flugplatz(フルークプラッツ)の直線を抜けた後、自身が乗るポルシェ「911 GT3 カップ」のコントロールを失った。ニュルブルクリンクのニュース・サイト『Bridge To Gantry』が伝え、YouTubeアカウント「Eifeler888」さんが投稿した文末の映像でご覧の通り、このポルシェはフェンスに接触しながら何度も横転し、ルーフを下にした状態で停まった。これほど酷い事故の後にドライバーが無事だったのは、HANSなど現代の安全装備のお陰だと、同サイトはもっともなコメントを掲載している。

J2レーシングの発表によれば、ショフナー選手は数日間入院する予定だが、痛みに苦しんでいるようなことはなく、レース復帰が待ち遠しいとのこと。サーキットであれほど激しい事故を経験した後であることを思うと感心させられる。このレースではファルケン・モータースポーツの「911 GT3 R」に乗るクラウス・バチェラー選手とマーティン・ラギンジャー選手が優勝し、バチェラー選手は7分56秒259というVLNの最速ラップ・タイムを記録した。

以下は息を呑むようなクラッシュに遭う前に、J2レーシングのFacebookに投稿された911 GT3の写真だ。

Today's the day, VLN 6 is here! Don't forget to share your experience with us by tagging J2Racing!

Posted by J2-Racing on Friday, August 31, 2018




By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ニュルブルクリンクでガードレールに激突したフォルクスワーゲン「シロッコ」が3回転する衝撃映像

【ビデオ】ニュルブルクリンク北コースの一般走行日に、10人が負傷する多重事故が発生

【ビデオ】ニュルでのクラッシュシーン!! アルピナ B6 GTが向かった先は...

■関連動画