スバル、米国で3列シートSUV「アセント」293台をリコール 対象車両は全て新車に交換
Related Gallery:2019 Subaru Ascent

スバルの米国法人スバル・オブ・アメリカは、3列シートSUV「アセント」の一部車両をリコールすると発表した。スバルによれば、2018年7月13日から7月21日までに製造された2019年モデルイヤーのアセント293台には、Bピラー部分にスポット溶接が施されていないことが分かったという。これらの溶接は、後部座席用ドアを取り付ける部分のボディシェルに強度を与えるもので、車両全体の構造上、極めて重要だ。この問題は、工場の組立ラインでこれらの溶接を行うロボットのプログラミングが、誤っていたことが原因とされている。

スバルによれば、293台のうち既に顧客に納車されてしまった9台は、新車と交換されるという。残りの284台は、販売店に並んでいるか、あるいは輸送中ということになるが、全て破壊され、問題が無い別の車両と交換される。

アセントを所有しており、自分のクルマがリコール対象車かどうか調べるには、クルマのVINナンバーを控えて、地元のディーラーに問い合わせるか、もしくはオンラインでVINナンバーを入力し、確認することができる。安全性に関わる非常に重大な事柄であるため、米国在住のアセント・オーナーの方は今すぐVINナンバーの確認をお勧めする。きちんと溶接されているかどうか、外観からでは判断できないそうだ。


By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画