【衝撃映像】ヘルメットが無ければ死んでいた! 路上に倒れた女性の頭の上をミキサー車が通り過ぎる!
今回ご紹介する動画はまさに衝撃的映像なので、通常であれば閲覧に注意を促すところだ。しかし、我々はあえて誰もが見るべきだと考える。

オートバイのヘルメットを着用することには意味がある。それは誰もが分かっている。ただし、米国のイリノイ州やアイオワ州、ニューハンプシャー州のライダーを除いて。これらの州にはヘルメットの着用を義務づける法律がない。特にニューハンプシャー州には、"Live Free or Die(自由に生きるか、さもなくば死を)"という標語があるくらいだ。この標語は「あるいは、残りの人生を外傷性の脳損傷と共に過ごそう」と続くのかもしれない。

米国道路安全保険協会(IIHS)にによる統計がこれを裏付けている。

・オートバイが関わった衝突事故の数は1997年から2016の間に倍増した
・オートバイ乗員の死亡者数は自動車乗員の29倍
・ヘルメットは、衝突事故での生存確率を37%高める
・生存者の中で、ヘルメットを着用していた場合、67%に脳損傷を避ける効果があった

IIHSの指摘によると、オートバイやスクーター、ATVなどを含めた全てのタイプの全ライダーに、ヘルメットの着用が義務付けられているのは、米国では19の州とコロンビア特別区のみだ。

"見ることは信じること" 。英国のメディア『Daily Mail』が紹介している、中国の動画サイト『Pear Video』に投稿された動画を見れば痛感するはずだ。

中国浙江省金華市の若い女性がスクーターに乗っていたところ、停車中のクルマのドアが突然開いた。女性は跳ね飛ばされ、ミキサー車の進路へと入り込む。そしてミキサー車は、ヘルメットを被った彼女の頭の上を通過したのだ。

にもかかわらず、彼女は打ち身や頭皮の切り傷のみで済んだらしく、次のようなコメントを出せる程であった。「ヘルメットがなければ死んでいたと思います」と、Zhuという苗字のみ明かされた、2人の子供の母親であるというこの女性は語る。確かに、彼女の言う通りだ。

このミキサー車のドライバーは、地元メディア『Zhejiang Online』に対し、クルマから飛び降りて路上に倒れた彼女の様子を確かめたが、彼女は生きており、ヘルメットは粉々に割れていたと語った。




By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画