ポルシェ ジャパン、新型「カイエン ターボ」の加速を疑似体験できる45秒のシネアドを、TOHOシネマズ MX4Dシアターで上映中
ポルシェ ジャパンは2018年8月10日(金)から8月23日(木)までの期間、TOHOシネマズ 六本木ヒルズとTOHOシネマズ なんばのMX4Dシアターにおいて『3.9sec Experience』と称した45秒のシネアド(映画館で本編の前に上映される広告)を公開している。

この『3.9sec Experience』は、近未来都市をイメージしたバーチャルな世界観の中、タイムリミットに追われながら、3.9秒で窮地を脱するというストーリー仕立てのアトラクションCM。TOHOシネマズMX4Dの立体的な映像や、エキゾーストサウンド、突風、アクティブに動くシートなどから、新型「カイエン ターボ」の3.9秒(スポーツクロノパッケージ装着時)で100km/hに到達する疾走感をリアルに体感できる。また映像で流れる音楽は、今年結成20周年を迎えたm-floのメンバー3人によるオリジナルで、本CM作品のためだけに書き下ろされたもの。新型カイエンのダイナミックな加速感と高揚感を表現しているという。


2017年秋に発表された新型カイエンは、今やポルシェの稼ぎ頭とも言うべきSUVの第3世代にあたる。今回のCMで加速感を疑似体験できるカイエン ターボはその高性能グレードで、最高出力550psと最大トルク770Nmを発揮する4.0リッターV8ツインターボを搭載する。日本での消費税込み車両価格は1,855万円。他に3.0リッターV6シングルターボを積むカイエン(976万円)と、2.9リッターV6ツインターボが搭載された「カイエンS」(1,288万円)がラインアップされている。さらにV6エンジンと電気モーターを組み合わせた「カイエン E-ハイブリッド」も今後追加される予定だ。

■放映映画館
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン8 MX4Dシアター
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do

TOHOシネマズ なんば スクリーン5 MX4Dシアター
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/032/TNPI2000J01.do

■放映期間
8月10日(金) ~ 8月23日(木)

ポルシェ ジャパン 公式サイト:新型カイエン
https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/

Related Gallery:2019 Porsche Cayenne Turbo


■関連記事
ポルシェ、新型「カイエン ターボ」を発表! 550馬力のV8ツインターボを搭載

ポルシェ、3代目にフルモデルチェンジした新型「カイエン」と「カイエンS」を発表! パワフルになったV6エンジンを搭載

ポルシェ、新型「カイエン E-ハイブリッド」を発表! 0-100km/h加速5.0秒、燃費は31.2km/L!