Related Gallery:Super GT 2018 Round 5 Fuji

2018 全日本選手権スーパーGT第5戦の決勝レースが8月5日、静岡県・富士スピードウェイで開催された。

予選上位スタートの日産勢がレースをリードしたが、執念深く追い上げた36号車au TOM'S 中嶋一貴/関口雄飛組がレース後半にトップに立つと、そのままノントラブルでマシンをゴールに運びきり、今季初優勝を果たした。

なお、2位には1号車KeePer TOM'S 平川亮/ニック・キャシディ組が続き、TOM'S勢は1-2フィニッシュを果たした。

気温31度、路面温度47度、概ね快晴に恵まれた第5戦は、500マイル(177周)の長丁場で争われ、普段のポイントにボーナスポイントを加えて大量得点が可能となるシーズン天王山のレース。


ポールポジションからスタートした23号車MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が序盤のレースをリード。

2番手グリッドからスタートした24号車フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星 明誠)、4位スタートの3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲/千代勝正)がトップ3を形成し、レース序盤をGT-R勢が引っ張る展開に。


3番手スタートの36号車au TOM'S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)がレースをリードするGT-R勢の牙城を崩しながら順位を取り戻していくが、ピット作業で右リアタイヤ交換にトラブルが頻発し、その都度上位を逃がす苦しいレースを続ける。


しかしレースが中盤を迎えると、日産勢にトラブルが頻発する。23号車は101周目にピットインしたが、127周目にタイヤトラブルによって再度ピットインし、上位争いから脱落。

代わってトップに立ったのは5番手からスタートした12号車CALSONIC IMPUL (佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)だったが、150周目にトラブルが発生する。


インタークーラーのホースが脱落してしまい、マシンがスローダウン。そのままピットインして修復を試みる。

メカニックの必死の作業により、2周遅れながらマシンをコースに復帰させた。


トラブルが続いた日産勢を他所に、大きなトラブルに見舞われなかった36号車au TOM'S LC500が177周のレースを走りきり、今季初優勝を果たした。


2位には予選7番手ながら、36号車同様に盤石な走りで上位を崩していった前年のチャンピオンチームである1号車 KeePer TOM'S LC500が続き、TOM'S陣営の1-2フィニッシュを果たした。


3位には、予選でエンジンがかからないトラブルで出走できず、ほぼ最後尾からスタートした17号車KEIHIN NSX GT(塚越広大/小暮卓史)が、怒涛の追い上げで次々に上位のマシンを攻略し、152周目に3位に浮上すると、そのままチェッカーフラッグを受け、表彰台の一角に食い込んだ。

次戦第6戦は9月15-16日、宮城県・スポーツランドSUGOで開催される。


(写真協力:正木寛之)

Related Gallery:Super GT 2018 Round 5 Fuji