ポルシェの次期型「911」、カモフラージュなしで路上に現れる! 正式発表も間近か!?
Related Gallery:2020 Porsche 992 911

ポルシェから新型「911」が正式発表される日も近いようだ。同社は既に「992」型と呼ばれる次期型911にカモフラージュを施した車両を公開しているが、それが遂にほぼ露わになった姿で路上に現れたのだ。まだ正式発表前ということで車体後部に付く車名のバッジは隠されているが、これはどう見ても911以外の何物でもないだろう。

欧州の路上で目撃されたこの車両は、美しいブルーでペイントされ、サイド・ウィンドウの周囲にはクロームのトリムがアクセントとして施されていた。ボディのフォルムは、現行の991型とほとんど変わらない。前後のバンパーだけが違っているように見える。

フロント・バンパーの左右には現行型より大きなインテークが設けられ、足元にはグレーで塗られたマルチ・スポークのホイールが装着されている。フロント・フードは空冷エンジン時代の911のように中央がへこんでおり、前方の両端は991型よりも角張っている。911の象徴でもある楕円形のヘッドライトは、991型のようにフロント・フェンダーとバンパーの間に掛かるのではなく、完全にフェンダーの中に収まっていることが確認できる。

リア周りも991型との違いは顕著だ。新型「カイエン」にインスパイアされたテールライトは、細長いライト・ストリップが左右をつないでいる。このデザインの特徴は、過去の4輪駆動モデルに採用されてきたものだ。とはいえ、クラシックな空冷エンジンを搭載した911でも、左右のテールライトの間にガーニッシュが装備されていたことがあるので、911にとって全く新しいスタイルというわけではない。エンジン・ルーム上部のスリットは、991型の横から縦に変更され、その中央にハイマウント・ストップランプを装備。左右2本ずつのエキゾースト・テールパイプは、完全にリア・バンパーに組み込まれ、その両側にダクトが開けられている。

新型911の正式発表がいつになるのかは明らかになっていないが、おそらく今年秋以降に開催されるどこかのモーターショーになるだろう。伝統通り車体後部に搭載される水平対向6気筒エンジンはターボチャージャーを備え、その最高出力はベース・グレードの「911カレラ」でも390馬力、高性能版の「911カレラS」では450馬力ほどになると見られている。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2020 Porsche 992 911


■関連記事
ポルシェ、カモフラージュを施した次期型「911」の画像を公開! そして「電動スポーツカーではない」と宣言

ポルシェCEO、次期型「911」のハイブリッド・バージョンは「史上最もパワフルな911になる」と発言

【噂】ポルシェの次期型「911」には、2タイプのプラグイン・ハイブリッドが存在する!?

■関連動画