レクサスが「F」10周年を記念して「LFA」のアートカーを発表!
Related Gallery:Lexus LFA Art Car

レクサス・ヨーロッパは、高性能ブランド「F」の10周年を記念として、スパ24時間レースが行われたこの週末に、スーパースポーツ「LFA」のアートカーを公開した。

固定式リア・ウイングやフロントの大型スポイラーが特徴的な「ニュルブルクリンク・パッケージ」のLFAをキャンバスにしたのは、ポルトガル出身のアーティスト、ペドロ・エンリケ氏。ブラック&ホワイトを基調に、ボディに描かれた直線と曲線によって「現代人の生活における流動性と絶え間ない進化」を表現しているという。有機的なラインが描かれたボンネットの下には、標準モデルの最高出力560psから570psに引き上げられた4,805ccV型10気筒自然吸気エンジンが搭載されている。

このLFAは28日、スタート前のパレード走行に参加した。レースに参戦した2台の「RC F GT3」は、1台が13位でフィニッシュ。もう1台は途中でリタイアしている。

なお、2012年に生産が終了したLFAだが、米国のディーラーにはまだ数台が新車状態で残っていることが確認されている。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【特報】新車のレクサス「LFA」が、米国内のディーラーにまだ12台も在庫があることを発見!

【字幕付きビデオ】レクサス「LFA」に試乗! 驚きの最新テクノロジーと走りを紹介!!

あのジェレミー・クラークソンが、「レクサス LFAは最高のクルマだ!」と告白!

■関連動画