【ビデオ】ニュルブルクリンクでガードレールに激突したフォルクスワーゲン「シロッコ」が3回転する衝撃映像
ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)が"グリーン・ヘル(緑の地獄)"と呼ばれ、恐れられているのには理由がある。高低差が激しい上、道幅の狭いコースのすぐ脇にガードレールがあることが重大な事故につながるのだ。最近、それを改めて思い出させるような映像が届いた。フォルクスワーゲン(VW)「シロッコ」が、少なくとも3回転してひっくり返り、逆さまの状態で停止したのだ。

YouTubeチャンネル『Auto Addiction』が掲載した映像には、コーナーを少しオーバーランし、芝生に乗り入れるシロッコが映し出される。同車は次の左コーナーの手前でコースに戻るが、スピードが出すぎているためか、十分なグリップがなかったためか、あるいはその両方のせいで、再び高速でコースを外れた。そしてタイヤバリアをかすめ、ガードレールに激突。弾き飛ばされて何度か横転する。

激しい回転や、ひどい傷やへこみにもかかわらず、ルーフ部分の構造体やドアは比較的少ないダメージで残っているようだ。同チャンネルが伝えるところによれば、このクラッシュの後、ドライバーの女性は幸いにも無事で、自力で車外へ出られたという。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ニュルブルクリンク北コースの一般走行日に、10人が負傷する多重事故が発生

【ビデオ】ニュルブルクリンクで、クルマから降りてコース上に出た男性が危うく撥ねられそうに!

【ビデオ】大クラッシュしたフェラーリ「458 イタリア GT3」からドライバーが軽傷で生還

■関連動画